芸能人・経営者のおくやみ情報

伊達政宗(だてまさむね)

戦国大名[日本]

(寛永13年5月24日没)

1636年 6月27日 死去享年70歳

伊達政宗 - ウィキペディアより引用

伊達 政宗(だて まさむね)は、出羽国と陸奥国の戦国大名・伊達氏の第17代当主。
仙台藩初代藩主。
伊達氏第16代当主・伊達輝宗と正室最上義守の娘・義姫(最上義光の妹)の間に生まれた嫡男。
幼少時に患った疱瘡(天然痘)により右目を失明し、隻眼となったことから後世独眼竜と呼ばれた。
兜は弦月前立黒漆塗六十二間筋兜。
生涯 出生から初陣まで 永禄10年8月3日(1567年9月5日)、出羽国米沢城で生まれた。
幼名は梵天丸天正5年(1577年)11月15日、元服して伊達藤次郎政宗と名乗る。
諱の「政宗」は父・輝宗が伊達家中興の祖といわれる室町時代の第9代当主・大膳大夫政宗にあやかって名づけたもので、この大膳大夫政宗と区別するため藤次郎政宗と呼ぶことも多い。
史料上にも正宗と書かれたもの幾つかがあるがこれは誤記である。
伊達家はそれまで足利将軍からの一字拝領を慣習としてきたが、政宗の元服に際しては、当時織田信長によって京より追放されていた足利義昭からの一字拝領を求めなかった。

戦国・安土桃山・江戸時代の武将。父は輝宗。母は最上義光姉妹(義姫) 米沢で生まれる。 幼少の頃、疱瘡で右目を失ったが、片倉景綱(小十郎)、茂庭綱元らの重臣に恵まれたこともあり、勢力を拡大。 1584年に家督継承時は、陸奥・出羽(長井・信夫・伊達3郡とその周辺部)約30万石強の石高から、曽祖父・伊達稙宗の代から縁組などで「親戚」同士だった、常陸の佐竹氏を含む南奥諸家?との抗争の末、会津の蘆名?氏を滅ぼして家督系継承から僅か6年で奥羽66郡のうち約30郡・百数十万石以上の領土を持つ全国有数の大名となって南東北の覇権を握り「独眼竜」と呼ばれた。 しかしその直後、豊臣秀吉に臣従し、第一次奥州仕置で72万石、第二次奥州仕置で58万石に減封の上、出羽・米沢城から陸奥・岩出山城に転封となる(関ヶ原の戦い後に4万石加増の上、仙台城に移転)。 その一方でスペイン・ローマに使節を派遣するなど 仙台藩62万石の基盤を確立させた。長男・秀宗は宇和島藩主となった。 参考:伊達政宗言行録―木村宇右衛門覚書 (引用元 Hatena Keyword)