訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

足利義輝(あしかがよしてる)

室町幕府第13代将軍[日本]

(永禄8年5月19日没)

(ユリウス暦) 1565年 6月17日 死去斬殺享年30歳

足利義輝 - ウィキペディアより引用
足利 義輝(あしかが よしてる)は、室町時代後期(戦国時代)の室町幕府第13代征夷大将軍(在職:1546年 - 1565年)。
生涯 少年期 天文5年(1536年)3月10日、第12代将軍・足利義晴の嫡男として東山南禅寺で生まれる。
幼名を菊童丸。
誕生直後に外祖父・近衛尚通の猶子となる(『後法成寺関白記』天文5年3月11日・4月6日条)。
この頃の幕府では父・義晴と管領の細川晴元が互いの権威争いで対立し、義晴は戦をするたびに敗れて近江坂本に逃れ、菊童丸もそれにたびたび従った。
その後も父と共に京への復帰と近江坂本・朽木への脱出を繰り返した。
天文15年(1546年)12月、菊童丸はわずか11歳にして、父から幕府将軍職を譲られる。
父・義晴がかつて11歳で元服・将軍宣下を行ったことに加え、自身が健在のうちに実子に将軍の地位を譲ってこれを後見する考えがあったとされる。
このときの将軍就任式は亡命先である近江坂本の日吉神社(現日吉大社)祠官・樹下成保の第で行われ、六角定頼を烏帽子親として元服し、義藤(よしふじ)と名乗った。