訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

北条時宗(ほうじょうときむね)

武将、鎌倉幕府第8代執権[日本]

(二度にわたる元寇を退ける、弘安7年4月4日没)

(ユリウス暦) 1284年 4月20日 死去享年34歳

北条時宗 - ウィキペディアより引用
北条 時宗(ほうじょう ときむね、1251年6月5日~1284年4月20日)は、鎌倉時代中期の武将・政治家。
鎌倉幕府第8代執権。
鎌倉幕府執権職を世襲する北条氏の嫡流得宗家に生まれ、世界帝国であったモンゴル帝国(大元朝)の日本に対する圧力が高まるなかで執権に就任。
内政にあっては得宗権力の強化を図る一方、モンゴル帝国(大元朝)の2度にわたる侵攻を退け(元寇)、後世には日本の国難を救った英雄とも評される。
官位は、正五位下相模守。
贈従一位。
生涯 出生から執権就任まで 建長3年(1251年)5月15日、相模国鎌倉、安達氏の甘縄邸に生まれる。
長兄に宝寿丸(のちの北条時輔)がいたが彼は側室の子(庶子)であったため、正寿が後継者に指名された。
康元2年(1257年)、まだ7歳という年齢でありながら、将軍御所にて征夷大将軍・宗尊親王の加冠により元服、親王より偏諱(「宗」の1字)を賜り、相模太郎時宗(ときむね)と名乗る(この時、後に義兄となる安達泰盛が烏帽子を運ぶ役目を務めたという)。