訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

後醍醐天皇(ごだいごてんのう)

第96代天皇[日本]

(延元4年8月16日崩御)

(ユリウス暦) 1339年 9月19日 死去享年52歳

後醍醐天皇 - ウィキペディアより引用
後醍醐天皇(ごだいごてんのう)は、鎌倉時代後期から南北朝時代初期にかけての第96代天皇にして、南朝の初代天皇(在位:文保2年2月26日(1318年3月29日) - 延元4年/暦応2年8月15日(1339年9月18日))。
ただし、以下で記述するとおり、歴史的事実としては在位途中に二度の廃位と譲位を経ている。
諱は尊治(たかはる)。
鎌倉幕府を倒して建武新政を実施したものの、間もなく足利尊氏の離反に遭ったために大和吉野へ入り、南朝政権(吉野朝廷)を樹立した。
生涯 大覚寺統・後宇多天皇の第二皇子。
生母は、内大臣花山院師継の養女・藤原忠子(談天門院、実父は参議五辻忠継)。
正応元年11月2日(1288年11月26日)に誕生し、正安4年(1302年)6月16日に親王宣下。
嘉元元年(1303年)12月20日に三品に叙品。
嘉元2年(1304年)3月7日に大宰帥となり、帥宮(そちのみや)と呼ばれた。
また、徳治2年(1307年)5月15日には、中務卿を兼任している。
即位 徳治3年(1308年)に持明院統の花園天皇の即位に伴って皇太子に立てられ、文保2年2月26日(1318年3月29日)花園天皇の譲位を受けて31歳で践祚、3月29日(4月30日)に即位。