訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

鳥養利三郎 氏(とりがいりさぶろう)

電気工学者[日本]

1976年 9月24日 死去享年90歳

鳥養 利三郎(とりがい りさぶろう、1887年2月8日 - 1976年9月24日 )は、日本の電気工学者。
元京都大学総長、京都大学名誉教授。
従二位勲一等工学博士。
元日本学士院会員。
文化功労者。
徳島県生まれ。
黎明期の日本の電気工学界を支えた重鎮。
高電圧過渡現象の測定や高周波焼入に関する研究で業績を挙げた。
また、教育行政においても手腕を発揮し、京都大学総長・電気学会会長・大学基準協会副会長などを努めた。
特に、京都大学総長としては、戦後の混乱期を支えた名総長として知られている。
1912年 - 京都帝国大学理工科大学電気工学科卒業 1914年7月 - 京都帝国大学工科大学電気工学科助教授 1919年2月 - 京都帝国大学工学部電気工学科助教授 1923年1月 - 京都帝国大学工学部電気工学科教授(電気工学第三講座) 1925年7月 - 工学博士、「特別高圧変圧器の設計について」 1932年5月 - 京都帝国大学評議員(1934年5月まで) 1941年9月 - 京都帝国大学工学部長(1943年9月まで) 1945年11月 - 京都帝国大学(1947年以降、京都大学)総長(1951年11月まで) 1951年11月 - 京都大学名誉教授 = 学外における役職 = 1939年 - 応用科学研究所理事長 1944年 - 電気学会会長 1949年 - 日本学士院会員 1961年 - 日本ユネスコ国内委員会会長 叙勲歴 1964年 - 勲一等瑞宝章受章 1967年 - 文化功労者 1974年 - 勲一等旭日大綬章受章 1976年 - 従二位に叙せられる。
題名
敗戦の痕 (1968年)
著者
鳥養利三郎
発売元
発売日
1968
新品価格
より
中古商品
¥ 1,299 より

「鳥養利三郎」と関連する人物(故人)

山川健次郎 岡本道雄 沢田敏男 濱田耕作 荒木寅三郎 西島安則

↑ PAGE TOP