芸能人・経営者のおくやみ情報

ヨーゼフ・シュンペーター 氏Joseph Alois Schumpeter

経済学者[オーストリア→アメリカ]

1950年 1月8日 死去動脈硬化症享年68歳

ヨーゼフ・シュンペーター - ウィキペディアより引用

ヨーゼフ・アロイス・シュンペーター(Joseph Alois Schumpeter、1883年2月8日 - 1950年1月8日)は、オーストリア・ハンガリー帝国(後のチェコ)モラヴィア生まれの経済学者である。
企業者の行う不断のイノベーション(革新)が経済を変動させるという理論を構築した。
また、経済成長の創案者でもある。
生涯 モラヴィアのトリーシュ(現・チェコ東部トジェシュチ)にドイツ系の家庭に生まれた。
1901年にウィーンにあるウィーン大学法学部に進学し、1906年同大学にて博士号(法学)を取得。
1908年『理論経済学の本質と主要内容』発表。
1909年にツェルノヴィッツ大学准教授、次いで1911年にグラーツ大学教授に就任。
1912年『経済発展の理論』発表。
1913年、アメリカ合衆国のコロンビア大学から客員教授として招聘され名誉博士号を受けた。
1919年、オーストリア共和国の大蔵大臣に就任したが同年に辞職。
1921年にはビーダーマン銀行の頭取に就任したが、1924年に同銀行が経営危機に陥ったため、頭取を解任され、巨額の借金を負った。

Joseph Alois Schumpeter(ヨーゼフ・アロイス・シュンペーター) オーストリア出身の経済学者。オーストリア学派。 1883年2月8日、生まれ。1950年1月8日、死去。 ウィーン大学でオイゲン・フォン・ベーム=バヴェルクやフリードリヒ・フォン・ヴィーザーに師事し卒業。 1919年にはオーストリア共和国初代首相レンナーの内閣に財務大臣として入閣し、その後もビーダーマン銀行総裁(1921-24)、ボン大学教授(1925-32)を歴任。 1932年にアメリカのハーバード大学教授となり、渡米して永住した。 資本主義の発展過程について全体系的解明をめざし、資本主義の発展昇華論を展開した。企業家の行う不断のイノベーション(革新)が経済を変動させるという理論を構築したことで有名。 主要著作:『理論経済学の本質と主要内容』『経済発展の理論』『景気循環論』『資本主義・社会主義・民主主義』『帝国主義と社会階級』『経済分析の歴史』 (引用元 Hatena Keyword)