芸能人・経営者のおくやみ情報

岩崎弥之助(いわさきやのすけ)

実業家、三菱財閥2代目総帥、男爵[日本]

1908年 3月25日 死去享年58歳

岩崎弥之助 - ウィキペディアより引用

岩崎 弥之助(いわさき やのすけ、1851年2月8日(嘉永4年1月8日) - 1908年(明治41年)3月25日)は、日本の実業家で、三菱財閥の2代目総帥。
男爵。
三菱の創業者・岩崎弥太郎の弟にあたる。
岩崎弥次郎・美和夫妻の三男として土佐国安芸郡井ノ口村(現在の高知県安芸市)に生まれた。
1867年(慶応3年)、満16歳のときに土佐藩校の致道館に入学。
この時、岩崎家は郷士の地位を失って地下浪人に没落しており、武士の教育を受けられる身分ではなかったが、兄の弥太郎が吉田東洋の知遇を受けて下級役人に出世していたため、入学することができた。
1869年(明治2年)には大阪に出て、重野安繹の私塾成達書院に入門した。
1872年(明治5年)4月、アメリカに留学。
横浜で貿易商をしていたウォルシュ・ホール社(Walsh, Hall and Co.)のウォルシュ家に寄宿し、フランシス・ホール(同社の社員だが創立者のホールとは別人)の兄エドワードが開校し校長をしていたニューヨーク近郊のコネチカット州エリントンにある男子校(Edward Hall's Family School for Boys)に通った。

いわさきやのすけ [生]嘉永4(1851).1.8.土佐[没]1908.3.25.東京三菱財閥の2代目の当主。岩崎弥太郎の弟で,弥太郎の在世中はその補佐役であったが,1885年兄のあとをうけて三菱会社の社長となり,敵対していた共同運輸会社と合併して日本郵船会社を設立。その後も鉱山,銀行,造船など諸事業を発展させ,三菱財閥を確立させた。93年三菱合資会社に改組し,弥太郎の嗣子久弥に社長を譲って引退,96年日本銀行総裁となる。彼の在任期間は短かったが,金本位制の確立,恐慌対策において努力するところがあった。 (引用元 コトバンク)