芸能人・経営者のおくやみ情報

トマス・モアThomas More

思想家[イギリス]

(ユリウス暦) 1535年 7月6日 死去享年58歳

トマス・モア - ウィキペディアより引用

トマス・モア(英語: Thomas More、1478年2月7日 - 1535年7月6日)は、イングランドの法律家、思想家。
カトリック教会と聖公会で聖人。
政治・社会を風刺した『ユートピア』の著述で知られる。
生涯 ロンドンの法律家の家に生まれた。
大司教・大法官のジョン・モートンの家で従僕として教育を受け、オクスフォード大学、リンカーン法曹院で学び、法律家となった。
1504年、下院議員。
1515年からイングランド王ヘンリー8世に仕え、ネーデルラント使節などを務めた。
1529年、官僚で最高位の大法官に就任した。
ヘンリー8世が離婚問題からローマ教皇クレメンス7世と反目すると、大法官を辞任。
ヘンリー8世の側近トマス・クロムウェルが主導した1534年の国王至上法(国王をイングランド国教会の長とする)にカトリック信徒の立場から反対したことにより査問委員会にかけられ、反逆罪とされて同年ロンドン塔に幽閉、1535年7月6日に斬首刑に処された。

(Thomas More、1478年2月7日 - 1535年7月6日) イングランドの法律家、思想家。カトリック教会と聖公会で聖人。政治・社会を風刺した『ユートピア』の著述で知られる。 (引用元 Hatena Keyword)