芸能人・経営者のおくやみ情報

ローラ・インガルス・ワイルダー 氏Laura Ingalls Wilder

作家[アメリカ]

1957年 2月10日 死去享年91歳

ローラ・インガルス・ワイルダー - ウィキペディアより引用

ローラ・インガルス・ワイルダー(Laura Ingalls Wilder, 1867年2月7日 - 1957年2月10日)はアメリカ合衆国の作家・小学校教師。
彼女はその幼年期の体験に基づいた子どものための家族史小説シリーズを著した。
最も有名な作品『インガルス一家の物語』は、NBCで『大草原の小さな家』としてテレビシリーズ化され、日本でも二度にわたってNHK総合テレビにて放映された。
生い立ちと結婚 ローラ・エリザベス・インガルスはウィスコンシン州ペピン(Pepin)の近くで、チャールズ・フィリップ・インガルス(Charles Philip Ingalls)とキャロライン・レイク・インガルス(Caroline Lake Ingalls)夫妻の間に生まれた。
彼女は夫妻の5人の子どもの二番目であった。
一家の生活の様子は彼女の半自叙伝的小説である『大草原の小さな家』の中に時代順に記された。
彼女の幼年期に一家は中西部を頻繁に移動した。
彼女は聡明な子供であったが、受けた教育は散発的なものであった。
それは一家がしばしば学校も無い隔絶した地域で生活したことや、一家の金銭的な問題が彼女の教育を中断させたりしたためである。

「ローラ・インガルス・ワイルダー」と関連する人物(故人)