訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ジョン・スティーブンス・ヘンズローJohn Stevens Henslow

植物学者地質学者[イギリス]

1861年 5月16日 死去享年66歳

ジョン・スティーブンス・ヘンズロー - ウィキペディアより引用
ジョン・スティーブンス・ヘンズロー(John Stevens Henslow 1796年2月6日 - 1861年3月16日)は、イギリスの植物学者、地質学者。
生涯 ヘンズローはロチェスターで事務弁護士のジョン・プレンティス・ヘンズローの息子として生まれた。
祖父のジョン・ヘンズロー卿はナポレオン戦争時代の造船技師であった。
オックスフォード大学のセント・ジョンズ・カレッジで教育を受け、アダム・セジウィッグが地質学ウッドワーディアン教授になったのと同じ年、1818年に卒業した。
1823年にハリエット・ジェニンズと結婚した。
彼らの娘フランセス・ハリエットはジョセフ・ダルトン・フッカーと結婚した。
息子ジョージ・ヘンズロー(1835-1925)は後にロンドン王立園芸協会で植物学教授を務めた。
ヘンズローは幼いころから博物学への情熱を抱いており、それは人生に大きな影響を与えた。
1819年にはアダム・セジウィッグのワイト島への調査旅行にも同行した。
そこは彼が初めて地質学の講義を受けた場所でもあった。
またジェームズ・カミング教授のもとで化学を、エドワード・クラーク教授のもとで地質学を学んだ。

↑ PAGE TOP