芸能人・経営者のおくやみ情報

エヴァ・ブラウンEva Anna Paula Braun

ヒトラーの愛人[ドイツ]

1945年 4月30日 死去自殺享年34歳

エヴァ・ブラウン - ウィキペディアより引用

エヴァ・アンナ・パウラ・ブラウン(Eva Anna Paula Braun, 1912年2月6日 - 1945年4月30日)は、アドルフ・ヒトラーの妻。
死の直前に結婚し、その後ヒトラーと共に地下壕にて自殺。
生涯 ヒトラーに出会うまで エヴァ・ブラウンは父フリードリヒ(フリッツ)・オットー・ブラウン(Friedrich Otto Wilhelm Braun)と母フランツィスカ(Franziska)の次女としてミュンヘンに生まれる。
両親はバイエルン出身で、父は教員、家族には3歳年上の姉イルゼ(Ilse Ruth)、3歳年下の妹マルガレーテ(Margarete:通称グレーテル)がいる。
エヴァは16歳のとき、修道院運営の職業訓練校に1年間通うが、体操以外では平凡な成績であった。
卒業後、診療所の事務員として数ヶ月勤務した後、ヒトラー専属カメラマン、ハインリヒ・ホフマンのモデル兼助手として雇われる。
ヒトラーとの出会い 1929年10月、17歳のエヴァは23歳年上のヒトラーにホフマンのスタジオで出会う。

ドイツの独裁者、アドルフ・ヒトラーの愛人。死の直前に結婚し、その後ヒトラーと共に地下壕にて自殺。 1945年4月29日にベルリンの総統官邸地下壕にてヒトラーと結婚し、夫婦となる。翌日青酸カリを服用して自殺。ヒトラーも拳銃で自殺した。 (引用元 Hatena Keyword)