芸能人・経営者のおくやみ情報

トゥンク・アブドゥル・ラーマン 氏Tunku Abdul Rahman

政治家、初代首相[マレーシア]

(「マレーシア独立の父」)

1990年 12月6日 死去享年88歳

トゥンク・アブドゥル・ラーマン - ウィキペディアより引用

ファイル:Merdeka 1957 tunku abdul rahman.jpg right 280px thumb トゥンク・アブドゥル・ラーマン
トゥンク・アブドゥル・ラーマン(Tunku Abdul Rahman Putra Al-Haj ibni Almarhum Sultan Abdul Hamid Shah、1903年2月8日 - 1990年12月6日)は、「マレーシア国家の父 独立の父」であり、1947年に結成され1957年に独立したマラヤ連邦の初代首相である。
1963年にマラヤ連邦がサバ州、サラワク州、シンガポールを加えてマレーシアに発展解消した際に、マレーシア初代首相に就任した。

アブドゥル・ラーマンは、第24代クダ王国スルタンであるアブドゥル・ハミド・ハリムの20人兄弟の第14子である。
クダ州の州都アロースターで生まれている。

6歳のときに初等教育を受け始め、後に現在アロースターにあるアブドゥル・ハミド大学になっている英語学校に進学した。
8歳のときに他の3人の兄弟とともにバンコクに留学している。
1915年帰国し、ペナンで勉学を続けた。

(Tunku Abdul Rahman Putra Al-Haj ibni Almarhum Sultan Abdul Hamid Shah、1903年2月8日 − 1990年12月6日) 「マレーシア独立の父」であり、1947年に結成され1957年に独立したマラヤ連邦の初代首相である。1963年にマラヤ連邦がサバ州、サラワク州、シンガポールを加えてマレーシアに発展解消した際に、マレーシア初代首相に就任した。 (引用元 Hatena Keyword)

「トゥンク・アブドゥル・ラーマン」と関連する人物(故人)