訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

那珂通世(なかみちよ)

歴史学者[日本]

1908年 3月2日 死去心臓発作享年58歳

那珂通世 - ウィキペディアより引用
那珂 通世(なか みちよ、嘉永4年1月6日(1851年2月6日) - 明治41年(1908年)3月2日)は、南部藩出身の明治時代の歴史学者、文学博士。
東洋史の概念を初めて生んだといわれる。
生涯 盛岡藩藩士・藤村盛徳の三男として生まれる。
幼名を荘次郎と言った。
藩校で優れた成績を修めたため、14歳の時に藩校・作人館の句読師であった漢学者・江帾通高(梧楼)から乞われて江帾家の養子に入る。
藩主・南部利恭の近侍となり、養父が「那珂」と改姓したのに伴って、「那珂通世」を名乗った。
戊辰戦争における敗戦を経験し、江戸の越前藩邸に預けられる。
明治維新後、福澤諭吉の書生となって、明治5年(1872年)に慶應義塾別科に入学して学び、明治9年(1876年)、26歳の時に、「日本古代文字考」を『洋々社談』に発表する。
慶應義塾別科を卒業後、福澤諭吉の推薦で師範学校・中学校・巴城学舎などの教師を務め、後に千葉師範学校・東京女子師範学校の校長も務めて女子教育に尽力した。

「那珂通世」と関連する人物(故人)