芸能人・経営者のおくやみ情報

北条氏政(ほうじょううじまさ)

戦国大名[日本]

(天正18年7月11日没)

1590年 8月10日 死去切腹享年53歳

北条氏政 - ウィキペディアより引用

北条 氏政(ほうじょう うじまさ)は、戦国時代の関東の大名・武将。
後北条氏の第4代当主。
父は北条氏康、母は今川氏親の娘瑞渓院。
子に氏直など。
正室の黄梅院は武田信玄の娘で、武田義信や武田勝頼とは義兄弟にあたる。
通称は新九郎で、官位の左京大夫または相模守も同様に称した。
号は截流斎。
氏康の後を継いで北条氏の勢力拡大に務め最大版図を築くが、豊臣秀吉が台頭すると小田原征伐を招き、数ヶ月の籠城の末に降伏して切腹し、戦国大名北条氏による関東支配を終結させる最期となった。
生涯 家督相続 天文7年(1538年)、第3代当主・北条氏康の次男として生まれる。
兄・新九郎が夭折したために世子となり、北条新九郎氏政と名乗る。
天文23年(1554年)に父が武田信玄、今川義元との間で甲相駿三国同盟を成立させると、信玄の娘・黄梅院を正室に迎えた。
夫婦仲は極めて良好であった。
永禄2年(1559年)に父が隠居して家督を譲られ、北条家の第4代当主となるが、氏康の存命中は氏康・氏政の両頭体制が続いた。

戦国大名で、後北条氏四代目当主。北条氏康の次男*1。母は今川氏親の娘で今川義元の甥に当たる。妻は武田信玄の娘。 本能寺の変後、織田氏の名将滝川一益を上野より撃退するなど、 着々と関東統一を進める一方、徳川氏と縁戚関係を結んで勢力増大に努めた。 しかし、豊臣秀吉に対して抗戦し、長い篭城戦の末に開城、後に切腹。結果として後北条氏を滅亡させてしまった。小田原評定の当事者である。 ちなみに、味噌汁を米飯の上にかけたことで父・氏康に「北条家も終わりなのか」と嘆かれたエピソードの持ち主でもある… *1:長男は早世 (引用元 Hatena Keyword)