芸能人・経営者のおくやみ情報

マキノ智子 氏(まきのともこ)

女優、別名義・牧野輝子など[日本]

1984年 10月20日 死去享年78歳

マキノ智子 - ウィキペディアより引用

マキノ 智子(まきの ともこ、1907年1月29日 - 1984年10月20日)は、日本の映画女優。
「日本映画の父」といわれた牧野省三の四女。
父の映画の子役からスタートし、大スタアとなった。
本名は加藤 恵美子(かとう えみこ、旧姓:牧野)。
芸名はほかにも、マキノ輝子(まきの てるこ)、牧野智子、藤野智子(ふじの ともこ)、牧野輝子、マキノ恵美子(まきの えみこ)、マキノ笑子(まきの えみこ)などがある。
来歴・人物 京都市に生まれる。
1歳年下の弟に映画監督のマキノ雅弘、2歳年下の弟に映画プロデューサーのマキノ光雄がいる。
家政高等女学校(現・京都文教中学校・高等学校)卒業後に、父が経営するマキノ映画製作所に入社する。
「マキノ輝子」時代に、妻子ある月形龍之介と共演を続け結果、これが不倫に発展、駆け落ちをした挙句、一女を儲けている。
その後、俳優の四代目澤村國太郎と結婚、長門裕之・津川雅彦の兄弟をもうける。
戦後も女優を続け、やがて引退、1984年(昭和59年)に77歳で死去した。
マキノ家 女優の沢村貞子、俳優の加東大介は義妹弟にあたる。

1907年1月29日〜1984年10月20日 日本の映画女優。京都府京都市出身。本名は加藤恵美子で旧姓は牧野。 「日本映画の父」といわれた牧野省三の四女である。 (引用元 Hatena Keyword)