芸能人・経営者のおくやみ情報

ロマン・ロランRomain Rolland

作家[フランス]

1944年 12月30日 死去享年79歳

ロマン・ロラン - ウィキペディアより引用

ロマン・ロラン(Romain Rolland、1866年1月29日 - 1944年12月30日)は、フランスの、理想主義的ヒューマニズム - 平和主義 - 反ファシズムの作家。
戦争反対を世界に叫び続け、国際的に多くの知友を持った。
生涯 フランス中部、ニエーヴル県のクラムシー出身。
父エミールは公証人で、母アントワネット=マリーの家系も公証人であったことから貧しい環境ではなかった。
7歳からクラムシー中学(Collège de Clamecy)に通うものの、1880年に一家はパリに転居。
翌1881年からサン=ルイ高等中学校(Lycée Saint-Louis)に入り、1882年(18歳)にルイ大王高等中学校に転校する。
この頃から、級友のポール・クローデルと音楽会に通い詰め、1886年(20歳)に2年後れてエコール・ノルマル・シュペリウール(高等師範学校)へ進学し、哲学と歴史を学ぶ傍ら文学・美術・音楽に没頭しピアノをよくした。

Romain Rolland フランスの作家。 1866年1月29日、ブルゴーニュ地方クラムシーの生まれ。 1880年、パリに移住。 1886年、パリ高等師範学校入学。 1889年、歴史学教授資格を取得。 1891年までの2年間、ローマへ留学。 1895年、文学博士号を取得。 1904年から1912年にかけてベートーベンをモデルにした大河小説『ジャン・クリストフ』を発表。翌1913年にアカデミー文学大賞を受賞、ついで1915年度のノーベル文学賞を受賞。 1944年12月30日、死去。 (引用元 Hatena Keyword)