訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ラダ・ビノード・パール 氏Radhabinod Pal

法学者[インド]
(東京裁判において判事を務める)
1967年 1月10日 死去享年82歳
ラダ・ビノード・パール - ウィキペディアより引用
ラダ・ビノード・パール(英語: Radhabinod Pal, ベンガル語: রাধাবিনোদ পাল, ヒンディー語: राधाबिनोद पाल, 1886年1月27日 - 1967年1月10日)は、インドの法学者、裁判官、コルカタ大学教授、国際連合国際法委員長を歴任。
ベンガル人。
ヒンドゥー法を専攻。
極東国際軍事裁判(東京裁判)において連合国が派遣した判事の一人で、判事全員一致の有罪判決を目指す動きに反対し、平和に対する罪と人道に対する罪は戦勝国により作られた事後法であり、事後法をもって裁くことは国際法に反するなどの理由で被告人全員の無罪を主張した「意見書」(通称「パール判決書」)で知られる。
東京裁判以降、国際連合国際法委員長や仲裁裁判所裁判官として国際法に関与した。
ベンガル語表記では『ラダビノド・パル』、ヒンディー語表記では『ラーダービノード・パール』となるが、パール家の人間は「パル」と呼んで欲しいと希望している。
東京裁判で務めた役職から、日本では「パール判事」と呼ばれることが多い。
1886年にインド・ベンガル州ノディア県クシュティヤ郡カンコレホド村に生まれた。

「ラダ・ビノード・パール」と関連する人物(故人)

江藤淳 岸信介 昭和天皇 松井石根 板垣征四郎 岡田資

↑ PAGE TOP