芸能人・経営者のおくやみ情報

豊臣秀頼(とよとみひでより)

戦国大名[日本]

(慶長20年5月8日没)

1615年 6月4日 死去自刃享年23歳

豊臣秀頼 - ウィキペディアより引用

豊臣 秀頼(とよとみ ひでより/とよとみ の ひでより、旧字体: 豐臣秀賴、文禄2年8月3日(1593年8月29日) - 慶長20年5月8日(1615年6月4日))は、日本の安土桃山時代から江戸時代前期にかけての大名。
天下人。
豊臣秀吉の三男。
秀吉の側室であった茶々(淀殿)の第二子。
子は側室・和期の方(名は伊茶。
渡辺氏)との間に国松と、小石の方(おいわのかた。
成田氏)との間に天秀尼(彼女の生母については異説がある)。
位階は正二位、官職は右大臣。
幼名は拾丸(ひろいまる)。
なお、豊臣とは名字ではなく、本姓である。
乳母は宮内卿局・右京大夫局(一説に両者は同一人物とも)・正栄尼が伝わる。
また、淀殿の乳母である大蔵卿局も養育係を務めた。
生涯 誕生から秀吉の死まで 文禄2年(1593年)、秀吉57歳の時の子で、大坂城で誕生した。
誕生した時にはすでに、従兄の秀次が秀吉の養嗣子として関白を譲られ、秀吉の後継者となっていた。
秀吉は、当初は秀次と秀頼の関係を調整するため、秀頼誕生の2ヶ月後の10月には、秀頼と秀次の娘(槿姫とも呼ばれるが不詳)を婚約させ、秀吉から秀次、秀頼へという政権継承を模索したが、秀吉は、文禄4年(1595年)7月には秀次の関白職を奪い、ついで自刃させた。

豊臣秀吉の嫡男。母は浅井長政の長女淀殿。右大臣。 幼くして父を亡くし、父が後事を託した五大老・五奉行体制は関ヶ原の戦いで崩壊。関ヶ原の戦いに勝利した徳川家康の征夷大将軍就任によって政治的権威も低下。 徳川家の風下に立たされ、その圧力に耐えきれず挙兵するが、諸大名に従う者はなく、浪人衆をかき集めて大坂城に籠城。一旦は講和を結ぶ(大坂冬の陣)が、再挙兵。大坂城を裸城にされていたため野戦に挑むが、秀頼は出馬することなく敗北。大坂城山里丸にて自刃を遂げた。(大坂夏の陣) (引用元 Hatena Keyword)