訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

伊藤整 氏(いとうせい)

作家詩人[日本]

1969年 11月15日 死去胃がん享年65歳

伊藤整 - ウィキペディアより引用
伊藤 整(いとう せい、1905年(明治38年)1月16日 - 1969年(昭和44年)11月15日)は、日本の小説家、詩人、文芸評論家、翻訳家。
位階は正五位。
勲等は勲三等。
本名は伊藤 整(いとう ひとし)。
日本芸術院会員。
社団法人日本文藝家協会理事、東京工業大学教授、社団法人日本ペンクラブ副会長、財団法人日本近代文学館理事長などを歴任した。
人物  20世紀日本文学の重要な小説家・文芸評論家の一人。
昭和初期にジェイムズ・ジョイスらの影響を受けて「新心理主義」を提言。
『ユリシーズ』を翻訳する。
北海道時代には詩作を中心に行い処女詩集『雪明りの路』で注目されるものの、上京後は詩作を離れて小説・評論に重心を移す。
戦前・戦中は詩壇・文壇でのみ知られた存在だったが、戦後は旺盛な著作活動に加え、ベストセラーや裁判の影響もあり、もっとも著名な評論家の一人となった。
私小説的文学の理論化をめざすとともに自身も創作を行った。
自伝的小説として『鳴海仙吉』『若い詩人の肖像』などがある。
評論では『日本文壇史』『小説の方法』「近代日本人の発想の諸形式」「近代日本における『愛』の虚偽」などがある。