芸能人・経営者のおくやみ情報

松平容保(まつだいらかたもり)

会津藩主、日光東照宮宮司[日本]

1893年 12月5日 死去肺炎享年59歳

松平容保 - ウィキペディアより引用

松平 容保(まつだいら かたもり)は、幕末の大名。
陸奥国会津藩の第9代藩主(実質的に最後の藩主)。
京都守護職。
高須四兄弟の一人で、血統的には水戸藩主・徳川治保の子孫。
現在の徳川宗家は容保の男系子孫である。
生涯 生誕 天保6年(1835年)1歳 12月29日、江戸四谷土手三番丁の高須藩邸で藩主・松平義建の六男として生まれる。
母は側室の古森氏。
幼名を銈之允と称す。
弘化3年(1846年)12歳 4月27日、実の叔父にあたる会津藩第8代藩主・容敬(高須松平家出身)の養子となり、和田倉門内、会津松平家上屋敷に迎えられる。
「お子柄がいい」と会津家の男女が騒ぐほど美貌の少年だったという。
ここで藩主容敬より会津の家風に基づいた教育を施されることになる。
それは神道(敬神崇祖における皇室尊崇)、儒教による「義」と「理」の精神、そして会津藩家訓による武家の棟梁たる徳川家への絶対随順から成り立っており、のちの容保の行動指針となった。

幕末・維新期の会津藩藩主。肥後守。号は祐堂・芳山・翠柳。美濃高須城主松平義建の子、会津藩主松平容敬の養子。京都守護職に任命され、京都の治安維持と公武合体の実現に努めた。徳川慶喜の大政奉還に反対し、武装するが鳥羽伏見の戦いに敗北、会津で官軍に降伏後因幡に幽囚された。謹慎を解かれてのちは正三位に叙され、日光東照宮宮司をつとめた。明治26年(1893)歿、59才。 (引用元 コトバンク)