訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

勝海舟(かつかいしゅう)

幕臣、政治家、伯爵[日本]

1899年 1月21日 死去脳溢血享年77歳

勝海舟 - ウィキペディアより引用
勝 海舟(かつ かいしゅう) / 勝 安芳(かつ やすよし、文政6年1月30日(1823年3月12日) - 明治32年(1899年)1月19日)は、江戸時代末期(幕末)から明治時代初期の武士(幕臣)、政治家。
位階勲等爵位は正二位勲一等伯爵。
山岡鉄舟、高橋泥舟と共に「幕末の三舟」と呼ばれる。
幼名および通称は麟太郎(りんたろう)。
諱は義邦 (よしくに)、明治維新後改名して安芳。
これは幕末に武家官位である「安房守」を名乗ったことから勝 安房(かつ あわ)として知られていたため、維新後は「安房」を避けて同音(あん−ほう)の「安芳」に代えたもの。
勝本人は「アホゥ」とも読めると言っている。
海舟は号で、佐久間象山直筆の書、「海舟書屋」からとったものである。
海舟という号は元は誰のものであったかは分からないという。
父は旗本小普請組(41石)の勝小吉、母は勝元良(甚三郎)の娘信。
幕末の剣客・男谷信友(精一郎)は血縁上は又従兄で、信友が海舟の伯父に当たる男谷思孝(彦四郎)の婿養子に入ったことから系図上は従兄に当たる。