芸能人・経営者のおくやみ情報

勝海舟(かつかいしゅう)

幕臣、政治家、伯爵[日本]

1899年 1月21日 死去脳溢血享年77歳

勝海舟 - ウィキペディアより引用

勝 海舟(かつ かいしゅう) / 勝 安芳(かつ やすよし、文政6年1月30日(1823年3月12日) - 明治32年(1899年)1月19日)は、江戸時代末期(幕末)から明治時代初期の武士(幕臣)、政治家。
位階勲等爵位は正二位勲一等伯爵。
山岡鉄舟、高橋泥舟と共に「幕末の三舟」と呼ばれる。
幼名および通称は麟太郎(りんたろう)。
諱は義邦 (よしくに)、明治維新後改名して安芳。
これは幕末に武家官位である「安房守」を名乗ったことから勝 安房(かつ あわ)として知られていたため、維新後は「安房」を避けて同音(あん−ほう)の「安芳」に代えたもの。
勝本人は「アホゥ」とも読めると言っている。
海舟は号で、佐久間象山直筆の書、「海舟書屋」からとったものである。
海舟という号は元は誰のものであったかは分からないという。
父は旗本小普請組(41石)の勝小吉、母は勝元良(甚三郎)の娘信。
幕末の剣客・男谷信友(精一郎)は血縁上は又従兄で、信友が海舟の伯父に当たる男谷思孝(彦四郎)の婿養子に入ったことから系図上は従兄に当たる。

  • 題名
    氷川清話 (講談社学術文庫)
    著者
    勝海舟
    発売元
    講談社
    発売日
    2000-12-08
    新品価格
    ¥ 1,350 より
    中古商品
    ¥ 392 より
  • 題名
    勝海舟 (第1巻) (新潮文庫)
    著者
    子母沢寛
    発売元
    新潮社
    発売日
    1968-12-03
    新品価格
    ¥ 853 より
    中古商品
    ¥ 69 より
  • 題名
    氷川清話 (角川文庫ソフィア)
    著者
    勝海舟
    発売元
    角川書店
    発売日
    1972-04-01
    新品価格
    ¥ 843 より
    中古商品
    ¥ 1 より
  • 題名
    勝海舟 (人物叢書)
    著者
    石井孝
    発売元
    吉川弘文館
    発売日
    1986-11-01
    新品価格
    ¥ 2,160 より
    中古商品
    ¥ 772 より
  • 題名
    勝海舟 (第3巻) (新潮文庫)
    著者
    子母沢寛
    発売元
    新潮社
    発売日
    1968-12-27
    新品価格
    ¥ 1,069 より
    中古商品
    ¥ 50 より
  • 題名
    勝海舟
    著者
    松浦玲
    発売元
    筑摩書房
    発売日
    2010-02-12
    新品価格
    ¥ 5,292 より
    中古商品
    ¥ 4,298 より
  • 題名
    勝海舟 歴史を動かす交渉力
    著者
    山岡淳一郎
    発売元
    草思社
    発売日
    2018-03-26
    新品価格
    ¥ 1,728 より
    中古商品
    ¥ 3,371 より
  • 題名
    海舟語録 (講談社学術文庫)
    著者
    勝海舟
    発売元
    講談社
    発売日
    2004-10-09
    新品価格
    ¥ 1,080 より
    中古商品
    ¥ 445 より
  • 題名
    勝海舟 (人物文庫)
    著者
    発売元
    学陽書房
    発売日
    2004-09-01
    新品価格
    ¥ 4,108 より
    中古商品
    ¥ 490 より
  • 題名
    氷川清話
    著者
    勝海舟
    発売元
    ゴマブックス株式会社
    発売日
    新品価格
    より
    中古商品
    より

幕末の政治家(1823−1899)。 幼名・通称:勝麟太郎 本名:義邦(よしくに)後に、安芳 幕臣でありながら広い視野を持ち、坂本竜馬、西郷隆盛らを開眼させた。江戸無血開城に貢献。維新後伯爵。 幼少時より剣術を習い、島田虎之助の下で直心影流免許皆伝の腕前を持つ。 青年時にいたって蘭学を志し、永井青崖門下で地理学、後に兵学を研究。家が貧乏なために日蘭辞書「ヅーフハルマ」を2部筆写し、1部を売った話は有名。 佐久間象山と交流し、妹が象山に嫁す。このとき象山より「海舟書屋」の額を貰い受け、自分の号とした。 ペリー来航時に的確な意見書を提出して幕閣に認められ、やがて長崎海軍伝習所教頭となる。 1860年、咸臨丸指揮官としてジョン万次郎、福沢諭吉らとともに渡米。 帰国後は一時海軍から遠ざかるが、やがて将軍徳川家茂に直訴し、神戸海軍操練所を作る。 坂本竜馬が海舟の元で学んだのはこの時期である。 しかし禁門の変後時流は逆転。操練所は閉鎖。竜馬を西郷に託し、自分は謹慎処分を受ける。 その後第二次長州征伐失敗の尻拭いをするも再び左遷。そして運命の江戸開城を迎えるのである。 海舟と徳川慶喜はとことん馬が合わなかった。知に働きすぎる上司と、できすぎる部下。思えば不運な取り合わせである。 しかし海舟は朝敵となった慶喜のために尽力。死の前年には赦免に成功している。 毀誉褒貶の多い人物だが、彼がいなかったら、西郷も坂本もあそこまでの働きはできなかっただろう。 余談だが、海舟は非常に手の早い人間だったらしい。 長崎留学中に未亡人と、また、 …… (引用元 Hatena Keyword)