芸能人・経営者のおくやみ情報

アリダ・ヴァリ 氏Alida Valli

女優[イタリア]

2006年 4月22日 死去享年86歳

アリダ・ヴァリ - ウィキペディアより引用
アリダ・ヴァリ(Alida Valli, 1921年5月31日 - 2006年4月22日)は、現在クロアチア当時イタリアのイストリア半島のポーラ(プーラ)生まれの女優。
アルフレッド・ヒッチコックの『パラダイン夫人の恋』、キャロル・リードの『第三の男』、ミケランジェロ・アントニオーニの『さすらい』、ルキノ・ヴィスコンティの『夏の嵐』などで知られる。
イタリアイストリア半島のポーラ(現クロアチアのプーラ)生まれ。
両親共複数のルーツを持つ。
父方の祖父ルイージ・アルテンブルガー男爵はトレント出身オーストリア系イタリア人で、ジャンバプティスト・コントダルコの子孫。
父方の祖母エリーサ・トマシはトレント生まれで、ローマ上院議員エットレ・トロメイの従姉妹。
ポーラ出身の母シルビア・オーベレッケル・デッラ・マルティナはライバハ(オーストリア)(現スロベニアのリュブリャナ)出身ドイツ系オーストリア人フェリクス・オーベレッケルが父、母ヴァージニア・デッラ・マルティナがポーラ出身。