芸能人・経営者のおくやみ情報

清河八郎(きよかわはちろう)

幕末の志士[日本]

(文久3年4月13日没)

1863年 5月30日 死去斬殺享年34歳

清河八郎 - ウィキペディアより引用

清河 八郎(きよかわ はちろう、天保元年10月10日(1830年11月24日) - 文久3年4月13日(1863年5月30日))は、江戸時代末期(幕末)の庄内藩出身の志士。
田中河内介とともに九州遊説をして尊王攘夷派の志士を京都に呼び寄せ、一方で浪士組を結成し新選組・新徴組への流れを作り、虎尾の会を率いて明治維新の火付け役となった。
幼名は元司、諱は正明、号は旦起、木鶏。
本名は齋藤正明で、清川八郎と改名したのち、清河八郎を名乗った。
山形県庄内町の清河神社に祭神として祀られている。
位階は贈正四位。
生涯 誕生 出羽国庄内藩領清川村(現・山形県東田川郡庄内町)の郷士・齋藤豪寿の子。
天保14年(1843年)、清川関所役人の畑田安右衛門に師事し勉学に勤しむ。
弘化3年(1846年)には後の天誅組総裁・藤本鉄石と会い親交を深めた。
弘化4年(1847年)、江戸に出て古学派の東条一堂に師事。
才を認められ東条塾塾頭を命ぜられたが、固辞。
安積艮斎に転塾。
その傍ら、北辰一刀流の開祖・千葉周作の玄武館で剣を磨き免許皆伝を得、江戸幕府の学問所である昌平黌に学んだ。

清河 八郎(きよかわ はちろう、天保元年10月10日(1830年11月24日) - 文久3年4月13日(1863年5月30日))は、幕末(江戸時代)の志士で、浪士組の幹部であった。出羽国庄内藩領清川村(現・山形県東田川郡庄内町)の郷士の斉藤豪寿の子。幼名元司。諱は正明。本名は斉藤正明。贈正四位。 生涯 天保14年(1843年)八郎は清川関所役人の畑田安右衛門に師事し勉学に勤しむ。かなり優秀であったようである。弘化3年(1846年)には後の天誅組総裁藤本鉄石と会い親交を深めた。弘化4年(1847年)江戸に出て古学派の東条一堂に師事。才を認められ東条塾塾頭を命ぜられたが、固辞。安積艮斎に転塾。その傍ら、北辰一刀流の開祖千葉周作の玄武館で剣を磨き免許皆伝を得え、江戸幕府の学問所昌平黌に学んだ。その後、清河塾開設(江戸市内で学問と剣術を一人で教える塾は清河塾だけであった)。 安政2年(1855年)3月から9月にかけて、母親を連れて、清川村を出発。善光寺、名古屋、伊勢、奈良、京都、近江、大阪、宮島、岩国、天橋立、鎌倉、江戸、日光などをめぐる大旅行をする。その記録『西遊草』は、幕末の旅行事情を知るうえでは貴重な資料である。内容は各国の名士との出会いなどを中心に書かれているが、清河の性格からか辛辣で手厳しい批評が多い。 万延元年(1860年)に起こった桜田門外の変に強い衝撃を受け、倒幕、尊王攘夷の思想が強まる。この事件を契機に、清河塾に憂国の士が集まりだす。 同年、八郎を盟主として虎尾の会結成。発起人は山岡鉄太郎(鉄舟)他15名。横浜外国人居留地を焼き討ちし、尊王攘夷の精神を鼓舞し、倒幕の計画 …… (引用元 Hatena Keyword)