訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ジョゼフ=ルイ・ラグランジュJoseph-Louis Lagrange

数学者文学者[フランス]

1813年 4月10日 死去享年78歳

ジョゼフ=ルイ・ラグランジュ - ウィキペディアより引用
ジョゼフ=ルイ・ラグランジュ(仏: Joseph-Louis Lagrange, 1736年1月25日 - 1813年4月10日)は、数学者、天文学者である。
オイラーと並んで18世紀最大の数学者といわれている。
イタリア(当時サルデーニャ王国)のトリノで生まれ、後にプロイセン、フランスで活動した。
彼の初期の業績は、微分積分学の物理学、特に力学への応用である。
その後さらに力学を一般化して、最小作用の原理に基づく、解析力学(ラグランジュ力学)をつくり出した。
ラグランジュの『解析力学』はラプラスの『天体力学』と共に18世紀末の古典的著作となった。
生涯 フランス革命後、ラプラス、アントワーヌ・ラヴォアジエらと共にメートル法の制定に取り組んだ。
また、ナポレオンが創設したエコール・ポリテクニークの初代校長、元老院議員も務めている。
ラヴォアジエの処刑について「彼の頭を切り落とすのは一瞬だが、彼と同じ頭脳を持つものが現れるには100年かかるだろう」と語ったと言う。

↑ PAGE TOP