芸能人・経営者のおくやみ情報

ロバート・ボイルRobert Boyle

化学者物理学者[イギリス]

1691年 12月31日 死去享年65歳

ロバート・ボイル - ウィキペディアより引用

ロバート・ボイル(Robert Boyle、1627年1月25日 - 1691年12月31日)はアイルランド・リズモア出身の貴族、自然哲学者、化学者、物理学者、発明家。
神学に関する著書もある。
ロンドン王立協会フェロー。
ボイルの法則で知られている。
彼の研究は錬金術の伝統を根幹としているが、近代化学の祖とされることが多い。
特に著書『懐疑的化学者』 ( The Sceptical Chymist) は化学という分野の基礎を築いたとされている。
生い立ち アイルランド、ウォーターフォード州リズモアに生まれる。
父は初代コーク伯リチャード・ボイルで、その7番目の息子、14番目の子である。
リチャード・ボイルは1588年にアイルランドに赴き、復帰地副管理官となり、ロバートが生まれたころには大地主になっていた。
兄たちと同様、幼いころに現地の一家に里子に出された。
その結果ボイル家の子らは4年ほどで十分にアイルランド語を理解し、通訳ができるようになった。
ロバートはラテン語、ギリシャ語、フランス語を学び、8歳のときに母が亡くなると、イングランドのイートン・カレッジに送られた。