芸能人・経営者のおくやみ情報

岩倉具視(いわくらともみ)

公家政治家[日本]

1883年 7月20日 死去咽頭がん享年59歳

岩倉具視 - ウィキペディアより引用

岩倉 具視(いわくら ともみ、文政8年9月15日(1825年10月26日) - 明治16年(1883年)7月20日)は、日本の公家、政治家。
雅号は対岳。
謹慎中の法名は友山。
補職・位階・勲等は、贈太政大臣贈正一位大勲位。
維新の十傑の1人。
生涯 出生から若年期 公卿・堀河康親の次男として京都に生誕。
幼名は周丸(かねまる)であったが、容姿や言動に公家らしさがなく異彩を放っていたため、公家の子女達の間では「岩吉」と呼ばれた。
朝廷儒学者・伏原宣明に入門。
伏原は岩倉を「大器の人物」と見抜き、岩倉家への養子縁組を推薦したという。
天保9年(1838年)8月8日、岩倉具慶の養子となり、伏原によって具視の名を選定される。
10月28日叙爵し、12月11日に元服して昇殿を許された。
翌年から朝廷に出仕し、100俵の役料を受けた。
岩倉家は羽林家の家格を有するものの、村上源氏久我家から江戸時代に分家した新家であるため、当主が叙任される位階・官職は高くなかった。

江戸時代の幕末から明治時代前期の明治維新の頃に活躍した公家。政治家。 1825年10月26日(文政8年9月15日)、生まれ。明治16年(1883年)7月20日、死去。 1871年(明治4年)に特命全権大使として岩倉使節団を組織し、ヨーロッパ・アメリカの文化・制度を視察した。 ある程度の年齢層の人には、過去*1発行されていた五百円札の肖像画の人物としてもお馴染み。 *1:1951年(昭和26年)4月2日から1994年(平成6年)3月31日まで。 (引用元 Hatena Keyword)