芸能人・経営者のおくやみ情報

西郷隆盛(さいごうたかもり)

幕末の志士、薩摩藩士政治家陸軍大将[日本]

1877年 9月24日 死去自刃享年50歳

西郷隆盛 - ウィキペディアより引用

西郷 隆盛(さいごう たかもり、旧字体: 西鄕隆盛、文政10年12月7日(1828年1月23日) - 明治10年(1877年)9月24日)は、日本の武士(薩摩藩士)、軍人、政治家。
薩摩国薩摩藩の下級藩士・西郷吉兵衛隆盛の長男。
名(諱)は元服時には隆永(たかなが)、のちに武雄、隆盛(たかもり)と改めた。
幼名は小吉、通称は吉之介、善兵衛、吉兵衛、吉之助と順次変えた。
号は南洲(なんしゅう)。
隆盛は父と同名であるが、これは王政復古の章典で位階を授けられる際に親友の吉井友実が誤って父・吉兵衛の名を届けたため、それ以後は父の名を名乗ったためである。
一時、西郷三助・菊池源吾・大島三右衛門、大島吉之助などの変名も名乗った。
西郷家の初代は熊本から鹿児島に移り、鹿児島へ来てからの7代目が父・吉兵衛隆盛、8代目が吉之助隆盛である。
次弟は戊辰戦争(北越戦争・新潟県長岡市)で戦死した西郷吉二郎(隆廣)、三弟は明治政府の重鎮西郷従道(通称は信吾、号は竜庵)、四弟は西南戦争で戦死した西郷小兵衛(隆雄、隆武)。

さいごうたかもり [生]文政10(1827).12.7.鹿児島[没]1877.9.24.鹿児島幕末,明治維新の元勲,政治家で軍人。通称吉之助。南洲と号した。薩摩藩下級士族の出身。藩主島津斉彬(なりあきら)の知遇を受け藩政に参画。島津久光の公武合体論に抗して尊王攘夷運動に奔走。慶応3(1867)年12月9日の王政復古に重要な役割を演じ,新政府参与,戊辰戦争では大総督参謀となった。明治4(71)年,参議筆頭となり,廃藩置県に尽力したが,征韓論を唱えて政府にいれられず辞職。帰郷して私学校を経営し,士族授産に尽力した。しかし中央政府との疎隔がはなはだしくなり,部下に擁立されて1877年,西南戦争を起し,ついに敗れて城山で戦死した。死後,陸軍大将の位階などが復元された。 (引用元 コトバンク)