芸能人・経営者のおくやみ情報

ヘレン・ケラー 氏Helen Adams Keller

教育家、社会福祉活動家[アメリカ]

1968年 6月1日 死去享年89歳

ヘレン・ケラー - ウィキペディアより引用
ヘレン・アダムス・ケラー(英: Helen Adams Keller、1880年6月27日 - 1968年6月1日)は、アメリカ合衆国の教育家、社会福祉活動家、著作家である。
視覚と聴覚の重複障害者(盲ろう者)でありながらも世界各地を歴訪し、障害者の教育・福祉の発展に尽くした。
1880年6月27日、アメリカ合衆国のアラバマ州タスカンビアで誕生。
父のアーサー・ケラーはスイスから移住したドイツ系の地主の息子で、アーサーの母は南軍の総司令官、ロバート・E・リーとはまたいとこの関係にあり、アーサーもまた南北戦争当時南軍大尉でドイツ系アメリカ人である。
母のケイト・アダムス・ケラーも父のチャールズ・アダムスが南軍の准将であり、両親ともに南部の名家の出身である。
兄弟は異母兄が2人、のちに同母妹のミルドレッドを持つ。
1882年、2歳(生後19か月)の時に(現在ではしょう紅熱と考えられている)高熱に伴う髄膜炎に罹患する。
医師と家族の懸命な治療により、かろうじて一命は取り留めたものの、聴力、視力、言葉を失い、話すことさえ出来なくなった。