芸能人・経営者のおくやみ情報

ヘレン・ケラー 氏Helen Adams Keller

教育家、社会福祉活動家[アメリカ]

1968年 6月1日 死去享年89歳

ヘレン・ケラー - ウィキペディアより引用

ヘレン・アダムス・ケラー(英: Helen Adams Keller、1880年6月27日 - 1968年6月1日)は、アメリカ合衆国の教育家、社会福祉活動家、著作家である。
視覚と聴覚の重複障害者(盲ろう者)でありながらも世界各地を歴訪し、障害者の教育・福祉の発展に尽くした。
1880年6月27日、アメリカ合衆国のアラバマ州タスカンビアで誕生。
父のアーサー・ケラーはスイスから移住したドイツ系の地主の息子で、アーサーの母は南軍の総司令官、ロバート・E・リーとはまたいとこの関係にあり、アーサーもまた南北戦争当時南軍大尉でドイツ系アメリカ人である。
母のケイト・アダムス・ケラーも父のチャールズ・アダムスが南軍の准将であり、両親ともに南部の名家の出身である。
兄弟は異母兄が2人、のちに同母妹のミルドレッドを持つ。
1882年、2歳(生後19か月)の時に(現在ではしょう紅熱と考えられている)高熱に伴う髄膜炎に罹患する。
医師と家族の懸命な治療により、かろうじて一命は取り留めたものの、聴力、視力、言葉を失い、話すことさえ出来なくなった。

Helen Adams Keller 1880〜1968年 アメリカの社会福祉事業家。盲ろう者。 1880年6月27日生まれ。 生後19か月で猩紅熱[しょうこうねつ]の為に盲聾唖(三重苦)となるが、家庭教師アン・サリバンの教育によって読み書きを覚えて大学を卒業し、日本では「奇跡の人」と呼ばれている。 尤もこの「奇跡の人」という呼び名はウイリアム・ギブソンの書いた戯曲「The Miracle Worker」と映画化された同作品の邦題から間違って伝わったもので、原題のMiracle Workerとは家庭教師アン・サリバンの事を指している。*1 また良き理解者であったマーク・トウェインは彼女とナポレオンを「19世紀の奇跡」と評した。 世界各地で講演して身体障害者の地位向上や福祉などの社会活動に献身し、日本にも数度訪れた。 三重苦(盲ろうあ者)と言われているが、サリバン先生に教わる以前より周囲とのコミュニケーションはある程度可能だったようである。 「水」という意味で「ウォー・ウォー」という発声をしたり、50種類ほどの身振り手振りによるコミュニケーションをとっていて、電話の発明で有名なアレクサンダー・グラハム・ベルは、その身振り手振りを良く理解したと言われている。 その後、サリバン女史の教育でヘレン・ケラーはすぐに300種類ほどの言葉を覚える。ただしゲーム感覚で、まだ物と言葉が結びついてなく、コップと中の水との区別がつかなかった。そこで井戸へ行き片手に持たせたコップに水を流し、もう片方の手に「w-a-t-e-r」と指文字を書くと、ヘレンはコップを落とし考え込んでしまった。はじめて「生きていることば」を理解した瞬間である。こ …… (引用元 Hatena Keyword)