訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ユゼフ・エルスネルJózef Ksawery Elsner

作曲家[ポーランド]

1854年 4月18日 死去享年86歳

ユゼフ・エルスネル - ウィキペディアより引用
ユゼフ・クサヴェルィ・エルスネル(Józef Ksawery Elsner 1769年6月1日 - 1854年4月18日)はポーランドの作曲家で音楽教育家。
主にフレデリック・ショパン フリデリク・ショパンの師として知られる。
ドイツ語読みではヨーゼフ・クサーヴァー・エルスナー(Joseph Xaver Elsner)。

シレジアのグロトクフに生まれる。
父は家具職人で楽器の製造も請け負っていた。
母方の祖父も楽器職人で、リュートとヴァイオリンを作っていた。
家系はドイツ系だったがポーランド文化とも接触があり、後にワルシャワへ移住した頃にはほぼ完全にポーランド化していた。

ヴロツワフとウィーン ヴィーンで音楽を学んだ後、1791年にブルノでヴァイオリニストとなる。
1792年にはリヴィウ ルヴフの劇場の楽長となり、1799年から1824年までワルシャワ国立劇場にて首席指揮者を務める。
彼はまた、Leszek BiałyやKról Łokietekなど史実に取材した愛国的なポーランド語オペラを史上初めて作曲し、同劇場で初演した他、交響曲やミサ曲、ポロネーズ、オラトリオ(Męka Pana Naszego Jezusa Chrystusaなど)、室内楽などを残した。
教育家としては1821年にワルシャワ音楽院を設立し、音楽大学の学長となる。

「ユゼフ・エルスネル」と関連する人物(故人)