芸能人・経営者のおくやみ情報

高杉晋作(たかすぎしんさく)

幕末の志士、長州藩士、奇兵隊創設者[日本]

(慶応3年4月14日没)

1867年 5月17日 死去肺結核享年28歳

高杉晋作 - ウィキペディアより引用

高杉 晋作(たかすぎ しんさく、天保10年8月20日(1839年9月27日)- 慶應3年4月14日(1867年5月17日))は、江戸時代後期の長州藩士。
幕末に長州藩の尊王攘夷の志士として活躍した。
奇兵隊など諸隊を創設し、長州藩を倒幕に方向付けた。
諱は春風(はるかぜ)。
通称は晋作、東一、和助。
字は暢夫(ちょうふ)。
号は初め楠樹、後に東行と改め、東行狂生、西海一狂生、東洋一狂生とも名乗った。
他に些々などがある。
変名を谷 潜蔵、谷 梅之助、備後屋助一郎、三谷和助、祝部太郎、宍戸刑馬、西浦松助など。
のち、谷 潜蔵と改名。
栄典は贈正四位(1891年(明治24年)4月8日)。
生涯 誕生 長門国萩城下菊屋横丁(現・山口県萩市)に長州藩士・高杉小忠太(大組・200石)・みちの長男として生まれる。
武(たけ)、栄(はえ)、光(みつ)の三人の妹がいる。
10歳の頃に疱瘡を患う。
漢学塾(吉松塾)を経て、嘉永5年(1852年)に藩校の明倫館に入学。
柳生新陰流剣術も学び、のち免許を皆伝される。
安政4年(1857年)には吉田松陰が主宰していた松下村塾に入り、久坂玄瑞、吉田稔麿、入江九一とともに松下村塾四天王と呼ばれた。

幕末の長州藩の志士。長州藩士高杉小忠太の子。諱は春風、字は暢夫、号を東行・西海一狂生等。吉田松陰の松下村塾で久坂玄瑞と共に双璧と称され、のち江戸の昌平黌に学ぶ。藩命により奇兵隊を組織し総監となり、四国連合艦隊の下関砲撃事件では講和にあたった。のち九州に亡命するが、挙兵して藩政を握り、藩論を討幕に統一し、第二次長州征伐では全藩を指揮し活躍した。慶応3年(1867)歿、29才。 (引用元 コトバンク)