芸能人・経営者のおくやみ情報

檜山廣 氏(ひやまひろ)

丸紅 元社長・元会長[日本]

2000年 12月25日 死去享年92歳

檜山 廣(ひやま ひろ、1909年12月18日 - 2000年12月25日)は、日本の実業家である。
丸紅の社長や会長を歴任し、同社中興の祖と言われる。
一方、ロッキード事件における中心人物のひとりとして有罪となった。
来歴・人物 茨城県生まれ。
旧制水戸中学校を経て、東京商科大学(現在の一橋大学)卒業。
大学在学中は柔道部のエースであった。
大学を卒業した1932年(昭和7年)に大同貿易入社、1952年(昭和27年)丸紅飯田(現丸紅)取締役、同常務、専務、副社長を経て、1964年(昭和39年)同社長、1975年(昭和50年)丸紅会長、1976年(昭和51年)同取締役相談役。
ロッキード事件に絡み、国会で証人喚問される。
証人喚問で「サインした領収証四通に表示されたピーナツ、ピーシズの意味は全然知らなかった」「領収証に関連する金品の授受については全く関知していない」「丸紅がロッキード社から正規の手数料以外の金を受け取ったことは絶対ない」「大久保利春、伊藤宏両人から、領収証にサインはしたが金品の授受については一切関知していないとの報告が事実と確信している」と証言したことが偽証として告発された。