芸能人・経営者のおくやみ情報

E.T.A.ホフマンErnst Theodor Amadeus Hoffmann

作家作曲家画家[ドイツ]

1822年 6月25日 死去享年47歳

E.T.A.ホフマン - ウィキペディアより引用

エルンスト・テオドール・アマデウス・ホフマン(Ernst Theodor Amadeus Hoffmann, 1776年1月24日 - 1822年6月25日)はドイツの作家、作曲家、音楽評論家、画家、法律家。
文学、音楽、絵画と多彩な分野で才能を発揮したが、現在では主に後期ロマン派を代表する幻想文学の奇才として知られている。
本名はエルンスト・テオドール・ヴィルヘルム・ホフマン(Ernst Theodor Wilhelm Hoffmann)であったが、敬愛するヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトにあやかってこの筆名を用いた(伯父と同じ名前を嫌ったとも言われる)。
ケーニヒスベルクの法律家の家系に生まれ、自らも法律を学んで裁判官となるが、その傍らで芸術を愛好し詩作や作曲、絵画制作を行なっていた。
1806年にナポレオンの進軍によって官職を失うとバンベルクで劇場監督の職に就き、舞台を手がける傍らで音楽雑誌に小説、音楽評論の寄稿を開始。
1814年に判事に復職したのちも裁判官と作家との二重生活を送り、病に倒れるまで旺盛な作家活動を続けた。

ドイツ、1776〜1822。アーネスト・テオドア・アマデウス・ホフマン。 『砂男』や『黄金の壺』、『廃屋』、『蚤の親方』、『牡猫ムルの人生観』など、幻想小説を多く書いた。 ドストエフスキーなどは心酔者であったし、カフカなどにも大いなる影響を与えた。 夏目漱石の『吾輩は猫である』は『(カーテル・)ムル』を模したものとも言われている。 (引用元 Hatena Keyword)