芸能人・経営者のおくやみ情報

千利休(せんのりきゅう)

茶人[日本]

(天正19年2月28日没)

1591年 4月21日 死去切腹享年70歳

千利休 - ウィキペディアより引用

千利休(せん の りきゅう、せん りきゅう、大永2年(1522年) - 天正19年2月28日(1591年4月21日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての商人、茶人。
わび茶(草庵の茶)の完成者として知られ、茶聖とも称せられる。
また、今井宗久・津田宗及と共に茶湯の天下三宗匠と称せられ、「利休七哲」に代表される数多くの弟子を抱えた。
子孫は茶道の三千家として続いている。
天下人・豊臣秀吉の側近という一面もあり、秀吉が旧主・織田信長から継承した「御茶湯御政道」のなかで多くの大名にも影響力をもった。
しかしやがて秀吉との関係に齟齬を生じ、最後は切腹へと追い込まれた。
切腹を命ぜらるに至った真相については諸説あって定まっていない。
名・号 幼名は田中与四郎(與四郎)、のち法名を宗易(そうえき)、抛筌斎(ほうせんさい)と号した。
広く知られた利休の名は、天正13年(1585年)の禁中茶会にあたって町人の身分では参内できないために正親町天皇から与えられた居士号である。

茶人 幼名:与四郎 正親町天皇より千姓を許されて、千宗易を名乗る。 天正13年、禁中小御所での茶会にて天皇に茶を献じ、利休居士の号を贈られ千利休となる。 珠光、紹鴎に学び草庵の侘び茶を大成、 天下一の茶道名人として全国にその名を馳せる。 天正19年2月28日、秀吉の命により切腹 辞世 「人世七十 力圍希咄 吾這宝剣 祖仏と共に殺す 堤ぐる我が得具足の1つ太刀 今この時ぞ天に抛」 (引用元 Hatena Keyword)