芸能人・経営者のおくやみ情報

クリスティアン・ヴォルフChristian Wolff

哲学者[ドイツ]

1754年 4月9日 死去享年76歳

クリスティアン・ヴォルフ - ウィキペディアより引用
クリスティアン・ヴォルフ(Christian Wolff、1679年1月24日 - 1754年4月9日)は、ドイツの哲学教師。
ライプニッツからカントへの橋渡し的存在。
生涯 パン屋の息子としてブレスラウに生まれる。
最初に神学を学び、イェーナ大学・ライプツィヒ大学で哲学と数学を修め、1704年からライプニッツと交わり、その推薦で1707年にハレ大学の数学・自然学教授、1709年に哲学教授となる。
従来の習慣を破ってドイツ語で著作し講義をした。
1723年に孔子を賞賛した演説が無神論という言いがかりを招き、プロイセン王フリードリヒ・ウィルヘルム1世の退去命令によりマールブルクに逃亡した。
有名な教師であったヴォルフに嫉妬した神学者がヴォルフの予定調和説を歪めて伝え、「兵隊が脱走しても宿命がそうさせたので、兵を罰することは不当である」と主張しているかのように王に告げ口したせいともいわれる。

「クリスティアン・ヴォルフ」と関連する人物(故人)