芸能人・経営者のおくやみ情報

小里貞利 氏(おざとさだとし)

政治家、元労相[日本]

2016年 12月14日 死去肝不全享年87歳

小里 貞利(おざと さだとし、1930年(昭和5年)8月17日 - )は、日本の政治家。
衆議院議員(9期)、自由民主党総務会長(第41代)、自由民主党国会対策委員長(第39代)、労働大臣(第55代)、北海道開発庁長官(第61代)・沖縄開発庁長官(第30代)、総務庁長官(第21代)、震災対策担当大臣(村山内閣)、宏池会会長、鹿児島県議会議員(6期)を歴任。
国政進出以来一貫して整備新幹線事業に携わり、「ミスター新幹線」の異名を取った。
長男は衆議院議員の小里泰弘。
来歴・人物 鹿児島県霧島町(現霧島市)出身。
旧制加治木中学校卒業。
1959年(昭和34年)鹿児島県議会議員選挙に出馬し、初当選。
以後6回連続当選を果たし、県議会議長も務めた。
1979年(昭和54年)の6選後間もなく県議を辞職。
第35回衆議院議員総選挙に旧鹿児島2区から自由民主党公認で出馬し、当選した(当選同期に佐藤信二・保利耕輔・畑英次郎・麻生太郎・岸田文武・白川勝彦・丹羽雄哉・亀井静香・吹田あきら・宮下創平・亀井善之・船田元など)。

政治家。元衆議院議員。 1930年(昭和5年)8月17日、生まれ。 旧小里派会長を務めた。 2005年 谷垣禎一に派閥会長の座を譲り勇退。→ 谷垣派 2016年(平成28年)12月14日、死去。 (引用元 Hatena Keyword)