訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

豊臣秀次(とよとみひでつぐ)

戦国大名、関白[日本]
(文禄4年7月15日没)
1595年 8月20日 死去切腹享年28歳
豊臣秀次 - ウィキペディアより引用
豊臣 秀次(とよとみ ひでつぐ) / 羽柴 秀次(はしば ひでつぐ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・大名。
豊臣氏の2代目関白。
豊臣秀吉の姉である瑞竜院日秀の長男。
幼少時、戦国大名浅井長政の家臣宮部継潤が秀吉の調略に応じる際に人質となり、そのまま養子となって、初名は吉継、通称を次兵衛尉とし、宮部 吉継(みやべ よしつぐ)と名乗った。
次いで畿内の有力勢力だった三好一族の三好康長(笑岩)の養嗣子となり、今度は名を信吉と改めて通称は孫七郎とし、三好 信吉(みよし よしのぶ)と名乗って三好家の名跡を継いだ。
秀吉が天下人になると、羽柴姓に復氏して、名も秀次と改名。
豊臣姓も下賜された。
鶴松が没して世継ぎがいなくなったことから、改めて秀吉の養嗣子とされ、文禄の役の開始前に関白の職を譲られ、家督を相続した。
ところがその後になって秀吉に嫡子秀頼が誕生して、理由は諸説あるものの、秀次は強制的に出家させられて高野山青巌寺に蟄居となった後に切腹となった。
秀次の首は三条河原で晒し首とされ、その際に眷族も尽く処刑された。
生涯 生い立ち 永禄11年(1568年)、秀吉の同母姉・とも(瑞竜院日秀)と弥助(後の三好吉房)夫婦の長男として尾張知多郡大高村で生まれた。
題名
豊臣秀次 (人物叢書)
著者
藤田恒春
発売元
吉川弘文館
発売日
2015-02-23
新品価格
¥ 2,376 より
中古商品
¥ 1,574 より
題名
関白秀次の切腹
著者
発売元
KADOKAWA
発売日
2016-03-26
新品価格
¥ 1,080 より
中古商品
¥ 538 より
題名
「千利休・豊臣秀次」事件の真相 (歴史群像デジタルアーカイブス)
著者
宮本義己
発売元
学研プラス
発売日
新品価格
より
中古商品
より
題名
<豊臣秀次と戦国時代>魔道に堕ちた文の君 豊臣秀次 (歴史群像デジタルアーカイブス)
著者
上田滋
発売元
学研プラス
発売日
2015-03-26
新品価格
より
中古商品
より
題名
豊臣秀次 「殺生関白」の悲劇 (PHP新書)
著者
小和田哲男
発売元
PHP研究所
発売日
2002-03-15
新品価格
より
中古商品
より
題名
豊臣秀次 (PHP文庫)
著者
羽生道英
発売元
PHP研究所
発売日
2011-08-03
新品価格
より
中古商品
¥ 1 より
題名
封印された名君―豊臣秀次 (広済堂文庫)
著者
渡辺一雄
発売元
廣済堂出版
発売日
1999-05-01
新品価格
より
中古商品
¥ 198 より
題名
豊臣秀次―「殺生関白」の悲劇 (PHP新書)
著者
小和田哲男
発売元
PHP研究所
発売日
2002-03
新品価格
より
中古商品
¥ 1 より
題名
豊臣秀次 「殺生関白」の悲劇 (PHP新書)
著者
小和田哲男
発売元
PHP研究所
発売日
2016-04-20
新品価格
¥ 1,836 より
中古商品
より
題名
新 豊臣戦国志〈2〉秀次、天下を盗る (歴史群像新書)
著者
百目鬼涼一郎
発売元
学習研究社
発売日
2008-10
新品価格
より
中古商品
¥ 32 より
題名
《大阪城天守閣所蔵》 童門冬二が読み説く十二人の戦国武将の書状と物語 第二巻 流転の章 豊臣秀吉/豊臣秀次 SBDV-0002 [DVD]
監督
出演俳優
発売元
センターフィールド
発売日
2012年3月01日
新品価格
より
中古商品
¥ 3,000 より

↑ PAGE TOP