芸能人・経営者のおくやみ情報

ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルGeorg Friedrich Händel

作曲家[ドイツ→イギリス]

1759年 4月14日 死去享年75歳

ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル - ウィキペディアより引用

ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル(ドイツ語: Georg Friedrich Händel, 1685年2月23日 - 1759年4月14日)は、ドイツ生まれでイギリスに帰化した作曲家。
バロック期を代表する重要な作曲家の一人。
彼は生涯の約3分の2をイギリスで過ごしており、イギリスでの活動歴が圧倒的に長いことから、英語名でジョージ・フリデリック・ハンデル(ハンドル、ヘンドル、George Frideric Handel)と呼び、イギリスの作曲家として扱うべきとする意見もある(少なくともイギリスではそのように扱われている)が、日本ではもっぱらドイツ名で知られ、ドイツの作曲家として扱われるのが通例である。
生涯 ヨハン・ゼバスティアン・バッハと同じ1685年、現ザクセン=アンハルト州(当時はブランデンブルク=プロイセン領)のハレ・アン・デア・ザーレに生まれた。
彼は幼少時から非凡な音楽の才能を示していたが、彼の父は息子を法律家にしようと考えており、息子が音楽の道へ進むことには反対していた。

ドイツ生まれのイギリスの作曲家 *1。 (ドイツ語表記:Georg Friedrich Händel 英文表記:George Frideric Handel) 1685年2月23日、生まれ。1759年4月14日、死去。 ドイツザクセン地方ハレ出身。父親は外科医。幼少期から音楽に興味を示し、ハレの教会オルガニストから作曲と鍵盤楽器を習う。 ハレ大学法学部に入学するが、音楽家の道を志し、大学を中退。 ハンブルクで作曲活動を開始。イタリアに渡り、オペラ作曲家として成功を収める。ドイツに帰国しハノーファー選帝侯(後のイギリス王ジョージ1世)に仕えるが、すぐにイギリス・ロンドンに渡った。イギリスで作曲家として成功を収める。 イギリスに帰化した後もアングリカン教会に転会することなくルーテル派であった。 ヨハン・ゼバスティアン・バッハと違い生涯独身生活を貫き通した。と言うと、禁欲的な人とも思われるが、性格的には、バッハより大らかであったと思われる。 ラテン語の宗教音楽(カトリック系)も結構作曲している。 白内障を患い、インチキな目医者の手術を受け、晩年は失明してしまったらしい。 墓は、ウェストミンスター寺院(アングリカンチャーチ)にある。メサイアの第3部アリア I know that my Redeemer liveth の楽譜を持った立像が安置されている。 (引用元 Hatena Keyword)