訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

葦原邦子 氏(あしはらくにこ)

女優[日本]

1997年 3月13日 死去胃がん享年86歳

葦原邦子 - ウィキペディアより引用
葦原 邦子(あしはら くにこ、1912年(大正元年)12月16日 - 1997年(平成9年)3月13日)は、兵庫県武庫郡本庄村字深江(現・兵庫県神戸市東灘区深江)出身の女優。
本名は中原 英子(なかはら えいこ)、旧姓は岡本。
夫は中原淳一。
来歴・人物 尼崎市立高等女学校(現・尼崎市立尼崎高等学校)卒業後、1928年に宝塚音楽学校入学、翌1929年、「春のをどり」で初舞台。
宝塚歌劇団18期生。
宝塚歌劇団トップスターとして活躍。
同期生に春日野八千代、冨士野高嶺らがいる。
宝塚歌劇団在団中は「アニキ」の愛称で上級生の小夜福子や同期生の春日野八千代と共に男役として人気を争い、宝塚歌劇団を背負って立っていく。
また小夜とともに、宝塚男役の頭髪のショートカット(の慣例化)の先駆けだった。
1934年、東京宝塚劇場開場に際しての杮落とし公演は主演の「花詩集」であった。
現在の男役のモチーフや基礎的なスタイル完成には彼女の貢献が大きい。
「男装の麗人」として長くトップの座を保ったが結婚のため退団・引退。
夫である中原との間に2男2女の子がある。
戦後、活動を再開。
帝劇オペラやミュージカルからストレートプレイまで幅広く活躍。