訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

小早川秀秋(こばやかわひであき)

戦国大名[日本]
(慶長7年10月18日没)
1602年 12月1日 死去享年21歳
小早川秀秋 - ウィキペディアより引用
小早川 秀秋(こばやかわ ひであき)は、安土桃山時代の大名。
丹波亀山城主、筑前名島城主を経て備前岡山藩主。
名は関ヶ原の戦いの後に秀詮(ひであき)と改名した。
豊臣秀吉の正室・高台院の甥。
秀吉の親族として豊臣家では重きをなしたが、小早川隆景と養子縁組した後には、関ヶ原の戦いで徳川家康の東軍に寝返り、豊臣家衰退の契機を作った。
生涯 豊臣家の公達 天正10年(1582年)、木下家定(高台院の兄)の五男として近江国の長浜に生まれる。
母は杉原家次の娘。
幼名は辰之助。
天正13年(1585年)に義理の叔父である羽柴秀吉の養子になり、幼少より高台院に育てられた。
元服して木下秀俊、のちに羽柴秀俊(豊臣秀俊)と名乗った。
天正16年(1588年)4月、後陽成天皇の聚楽第行幸では内大臣・織田信雄以下6大名が連署した起請文の宛所が金吾殿(秀俊)とされた。
またこの際、秀吉の代理で天皇への誓いを受け取っている。
天正17年(1589年)、豊臣秀勝の領地であった丹波亀山城10万石を与えられた。
天正19年(1591年)、豊臣姓が確認され、文禄元年(1592年)には従三位・権中納言兼左衛門督に叙任し、「丹波中納言」と呼ばれた。
題名
小早川秀秋 (シリーズ・実像に迫る5)
著者
黒田基樹
発売元
戎光祥出版
発売日
2017-02-04
新品価格
¥ 1,620 より
中古商品
¥ 2,516 より
題名
我が名は秀秋
著者
矢野隆
発売元
講談社
発売日
2015-10-01
新品価格
¥ 1,836 より
中古商品
¥ 63 より
題名
鬼手 小早川秀秋伝
著者
大塚卓嗣
発売元
光文社
発売日
2016-07-15
新品価格
¥ 1,404 より
中古商品
¥ 196 より
題名
小早川秀秋の悲劇 (双葉文庫)
著者
発売元
双葉社
発売日
2000-06
新品価格
より
中古商品
¥ 1,200 より
題名
僕は 小早川秀秋
著者
恵仁
発売元
発売日
2015-08-02
新品価格
より
中古商品
より
題名
京に眠る戦国武将シリーズ - 01: 逆臣 - 明智光秀・小早川秀秋・松永久秀 - (京がいど)
著者
澤田貴夫
発売元
garyu
発売日
2015-02-10
新品価格
より
中古商品
より
題名
決戦!関ヶ原 小早川秀秋編 真紅の米
著者
冲方丁
発売元
講談社
発売日
2015-07-31
新品価格
より
中古商品
より
題名
松尾山を下る―小早川秀秋と二人の武将
著者
日川好平
発売元
風媒社
発売日
2015-06-17
新品価格
¥ 1,728 より
中古商品
¥ 1,240 より
題名
壬申の乱と関ヶ原の戦い――なぜ同じ場所で戦われたのか(祥伝社新書)
著者
本郷和人
発売元
祥伝社
発売日
2018-02-02
新品価格
¥ 864 より
中古商品
より
題名
小早川秀秋の悲劇
著者
発売元
双葉社
発売日
1997-10
新品価格
より
中古商品
¥ 80 より
題名
《大阪城天守閣所蔵》 童門冬二が読み説く十二人の戦国武将の書状と物語 第六巻 運命の章 石田三成/小早川秀秋 SBDV-0006 [DVD]
監督
出演俳優
発売元
センターフィールド
発売日
2009年12月01日
新品価格
より
中古商品
より

↑ PAGE TOP