訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

大谷吉継(おおたによしつぐ)

戦国武将[日本]

(慶長5年9月15日没)

1600年 10月21日 死去戦死享年42歳

大谷吉継 - ウィキペディアより引用
大谷 吉継(おおたに よしつぐ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・大名。
豊臣秀吉の家臣で、越前敦賀城主。
名前については「吉隆」ともされるが、現存する古文書で「吉隆」と署名する文書は確認できず、いずれも「吉継」である。
通称は紀之介、号は白頭。
官途は刑部少輔で、大谷刑部(おおたに ぎょうぶ)の通称でも知られる。
業病を患い、晩年は頭を白い頭巾で隠していたとも言う。
生涯 出自 永禄2年(1559年)に近江国(滋賀県)で生まれたとするのが通説であるが、永禄8年(1565年)を生年とする説もある。
父が病気治療のために豊後国に赴いてそのまま一時期、大友氏の家臣になっていた折に生まれたという説もあるが、当時の大友家中に平姓大谷氏は存在せず、六角氏の旧臣・大谷吉房とする説が有力である。
『華頂要略』の坊官大谷家系図に吉継の名があること、本願寺坊官・下間頼亮室が妹であることなどから、青蓮院門跡坊官・大谷泰珍の子という説もある。