芸能人・経営者のおくやみ情報

大谷吉継(おおたによしつぐ)

戦国武将[日本]

(慶長5年9月15日没)

1600年 10月21日 死去戦死享年42歳

大谷吉継 - ウィキペディアより引用

大谷 吉継(おおたに よしつぐ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・大名。
豊臣秀吉の家臣で、越前敦賀城主。
名前については「吉隆」ともされるが、現存する古文書で「吉隆」と署名する文書は確認できず、いずれも「吉継」である。
通称は紀之介、号は白頭。
官途は刑部少輔で、大谷刑部(おおたに ぎょうぶ)の通称でも知られる。
業病を患い、晩年は頭を白い頭巾で隠していたとも言う。
生涯 出自 永禄2年(1559年)に近江国(滋賀県)で生まれたとするのが通説であるが、永禄8年(1565年)を生年とする説もある。
父が病気治療のために豊後国に赴いてそのまま一時期、大友氏の家臣になっていた折に生まれたという説もあるが、当時の大友家中に平姓大谷氏は存在せず、六角氏の旧臣・大谷吉房とする説が有力である。
『華頂要略』の坊官大谷家系図に吉継の名があること、本願寺坊官・下間頼亮室が妹であることなどから、青蓮院門跡坊官・大谷泰珍の子という説もある。

戦国武将。1559年〜1600年 刑部少輔。越前敦賀城主。出身は近江説と豊後説がある。 秀吉に小姓として仕え、才を認められて抜擢される。賤ヶ岳・九州・小田原戦役などで活躍。 秀吉をして百万の兵を与えてみたいと言わしめた軍才を持ちつつ、奉行としての手腕も持ち合わせていた。が、当時は不治の病であったハンセン病のために顔を白布で覆っており、病状の進行によって最終的には視力も失っていたため、その才を出し切れる状態ではなかった。 本来は家康の手腕を認めており、家康派と言ってよかったが、関ヶ原戦役にあたっては親友の石田三成の熱意に応じ、敗北を覚悟しつつ西軍に荷担。 関ヶ原本戦では、手勢2000を率いて小早川秀秋を警戒する布陣を行い、小早川軍の東軍荷担参戦後もこれを退けている。が、さらに脇坂隊・朽木隊などの4隊が東軍に寝返って攻撃してきたことで大谷隊は崩壊、吉継も自刃している。 (引用元 Hatena Keyword)