芸能人・経営者のおくやみ情報

小西行長(こにしゆきなが)

戦国武将[日本]

(慶長5年10月1日没)

1600年 11月6日 死去斬首享年歳

小西行長 - ウィキペディアより引用

小西 行長(こにし ゆきなが)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。
洗礼名アウグスティヌスを持つキリシタン大名でもある。
一時期は宇喜多氏に仕え、後に豊臣秀吉の家臣となる。
文禄・慶長の役の際、加藤清正と先陣を争った。
関ヶ原の戦いにおいては西軍の将として奮戦したが敗北し、切腹を拒否して斬首された。
生涯 永禄元年(1558年)、和泉国堺の商人・小西隆佐の次男として京都で生まれた。
はじめ備前福岡の豪商・阿部善定の手代であった源六(後に岡山下之町へ出て呉服商をしていた魚屋九郎右衛門)の養子となり、商売のために度々宇喜多直家の元を訪れていたが、その際に直家に才能を見出されて抜擢されて武士となり、家臣として仕えた。
織田氏の家臣・羽柴秀吉が三木城攻めを行っている際、直家から使者として秀吉の下へ使わされた。
この時、秀吉からその才知を気に入られ、臣下となる。
秀吉近臣時代 豊臣政権内では舟奉行に任命され、水軍を率いた。
天正13年(1585年)には摂津守に任ぜられ、また豊臣の姓を名乗ることを許される。

こにしゆきなが [生]?[没]慶長5(1600).10.1.京都安土桃山時代の武将。キリシタン大名。和泉堺の人。隆佐の子といわれる。通称は弥九郎。受洗名はアゴスチニョ。初め宇喜多氏に仕えたが,のち豊臣秀吉に仕え,従五位下に叙し,内匠頭,摂津守となった。天正15(1587)年の九州征伐,さらに翌16年の佐々成政の失脚後,肥後半国24万石を領し,宇土城主となった。朝鮮の出兵に際して加藤清正とともに力戦し,明との外交交渉,さらに清正や浅野幸長の蔚山(ウルサン)籠城戦には援軍として参加した。秀吉の死後,石田三成の与党となり,慶長5(1600)年の関ヶ原の戦いに敗れ,六条河原で斬首された。 (引用元 コトバンク)