芸能人・経営者のおくやみ情報

カール・フリードリヒ・ガウスCarolus Fridericus Gauss

数学者文学者[ドイツ]

1855年 2月23日 死去享年79歳

カール・フリードリヒ・ガウス - ウィキペディアより引用

ヨハン・カール・フリードリヒ・ガウス([ɡaʊs]; ドイツ語: Gauß De-carlfriedrichgauss.ogg listen, ラテン語: Carolus Fridericus Gauss)(1777年4月30日 - 1855年2月23日)はドイツの数学者、天文学者、物理学者である。
彼の研究は広範囲に及んでおり、特に近代数学のほとんどの分野に影響を与えたと考えられている。
数学の各分野、さらには電磁気など物理学にも、彼の名が付いた法則、手法等が数多く存在する。
19世紀最大の数学者の一人である。
略歴と業績 1777年 - ブラウンシュヴァイクに生まれる 1792年 - 素数定理の成立を予想 1795年 - 最小二乗法発見 1796年 - 平方剰余の相互法則の証明。
コンパスと定規のみで正十七角形を作図できることを証明 1799年 - 代数学の基本定理の証明 1801年 - 『整数論の研究』出版 複素数表記、現代整数の表記導入 1801年 - 円周等分多項式の研究 1807年 - ゲッティンゲンの天文台長になり、以後40年同職につく 1809年 - 『天体運行論』出版 最小二乗法を用いたデータ補正、正規分布 1811年 - 複素積分、ガウス平面(複素数平面)ベッセルへの手紙 1827年 - 『曲面の研究』(羅: Disquisitiones generales circa superficies curvas)出版、微分幾何学を創始 1855年 - ゲッティンゲンで死去 生い立ちと幼年期 ガウスはドイツのブラウンシュヴァイクで、煉瓦職人の親方であった父親と、清楚な母親の下に生まれた。

Johann Carl Friedrich Gauss ドイツの数学者、天文学者、物理学者。 1777年4月30日、生まれ。1855年2月23日、死去。 応用数学にも才能を発揮したため、現在応用数学の分野で業績を上げた人に、「ガウス賞」が授与されている。 (引用元 Hatena Keyword)