芸能人・経営者のおくやみ情報

大井上康 氏(おおいのうえやすし)

農学者[日本]

1952年 9月23日 死去享年61歳

大井上康 - ウィキペディアより引用
大井上 康(おおいのうえ やすし、1892年(明治25年)8月21日 - 1952年(昭和27年)9月23日)は、農学者 農業学者、民間育種家。
ブドウ「巨峰」の生みの親として、また今日では常識となっている栄養週期理論の提唱者としても知られる。

大日本帝国海軍 海軍軍人の子として広島県江田島の海軍兵学校 (日本) 海軍兵学校官舎で生まれる。
幼少時に病気を患い片足が不自由となったため農業学者を志した。
東京農業大学卒業後、茨城県の酒造会社・神谷酒造所牛久葡萄園の技師となる。
ここでブドウの交配育種の取り組みと作物栽培法の研究に没頭、また植物に容易に栄養素を与えず、必要な時期に必要な栄養素を最低限与える「栄養週期理論」を提唱した。
しかし、この理論は当時の学会では異端視されたため、大井上康は農学会を去り民間育種家・園芸家となる。
1919年(大正8年)自らの農業理論実践のため、富士山を望む静岡県下大見村(中伊豆町)に『大井上理農学研究所』を設立。
本格的にブドウの研究に打ち込んだ。
洋書の関係文献を読破、またヨーロッパ各国で理論と実際を学ぶなどし20年を越える試行錯誤の末、1942年(昭和17年)岡山県産の「石原早生」とオーストラリア 豪州産の「センテニアル」をかけ合わせ、かつてない大粒かつ糖度の高いブドウ交配に成功。
1946年(昭和21年)この新品種を研究所から見える富士山にちなみ「巨峰」と命名した。

「大井上康」と関連する人物(故人)