芸能人・経営者のおくやみ情報

織田萬(おだよろず)

法学者[日本]

1945年 5月26日 死去空襲享年78歳

織田萬 - ウィキペディアより引用

織田 萬(おだ よろず、慶応4年7月4日(1868年8月21日) - 昭和20年(1945年)5月26日)は、日本の法学者。
専門は行政法。
京都帝国大学名誉教授、常設国際司法裁判所判事、関西大学学長。
財団法人立命館名誉総長。
佐賀県須古邑生まれ。
幼少時代 織田萬は、佐賀県須古邑の士族・須古精一の次男として生まれた。
佐賀藩の本流にはなかったものの、須古邑(現・白石町)を支配する須古鍋島家の親族家老・須古西家に属す名士であった。
1歳の時に織田範治の養子として迎えられ、織田家の子供として育てられた。
1879年(明治12年)、須古小学校を卒業した織田は、当時須古邑に安住百太郎が開設した「鶴陰学舎」で漢籍や外国法律書などを学ぶ。
安住は、江藤新平が唐津の士族約120名を率いた「佐賀の乱」に参加した人物で、反乱鎮圧後、岡山県で獄中生活を送っている。
織田は「鶴陰学舎」での経験を通じていち早く「自由民権運動」の気風に触れることができた。
後に須古村に「鶴陰学舎之址」の碑を建立した織田は、自らの号も「鶴陰」とするなど、「鶴陰学舎」に相当の愛着をもっていたことを窺わせる。