芸能人・経営者のおくやみ情報

林武 氏(はやしたけし)

画家[日本]

1975年 6月23日 死去肝臓がん享年80歳

林 武(はやし たけし、1896年(明治29年)12月10日 - 1975年(昭和50年)6月23日)は、日本の洋画家である。
東京都出身。
本名は武臣(たけおみ)。
大正末期から画家として活動を始め戦後には原色を多用し絵具を盛り上げた手法で女性や花、風景などを描き人気を得た。
晩年には国語問題審議会の会長も務めている。
孫は元衆議院議員の林潤。
年譜 1896年(明治29年)- 12月10日 東京都麹町区上二番町十五番地に6人兄弟の末子として生まれる。
父・甕臣(みかおみ)は国語学者、祖父・甕雄(みかお)は歌人、曽祖父・国雄は水戸派の国学者。
1909年(明治42年)- 牛込区余丁町小学校を卒業。
同小学校では東郷青児が同級生で、担任の先生だった本間寛に東郷とともに画才を見出される。
1910年(明治43年)- 早稲田実業学校に入学、学費が払えず実家が営んでいた牛乳販売店で労働しながら通学するが、体調を崩して中退する。
1913年(大正2年)- 東京歯科医学校に入学するが、翌年には中退する。
1917年(大正6年)- 新聞や牛乳の配達、ペンキ絵を描いたりして生計を立て画家を志す。