芸能人・経営者のおくやみ情報

前尾繁三郎 氏(まえおしげさぶろう)

政治家[日本]

1981年 7月23日 死去享年77歳

前尾繁三郎 - ウィキペディアより引用

前尾 繁三郎(まえお しげさぶろう 1905年12月10日 - 1981年7月23日)は、日本の政治家、官僚。
宏池会第二代会長。
第58代衆議院議長。
来歴・人物 京都府宮津市に生まれた。
宮津中学を卒業後上京し第一高等学校に進学する。
一高では寮で朝食の時に、飯を7杯、味噌汁を12杯を平らげ、ドイツ語で胃を意味する「マーゲン」というあだ名を奉られた。
一高時代の同期生に作家の高見順がいる。
一高卒業後、東京帝国大学法学部に進学。
東大卒業後、大蔵省に入省する。
大蔵省受験の時に口頭試問試験を控え室で待っていると大蔵省の4つの局名(主計、主税、理財、銀行)が出るとアドバイスしてくれたのが福田赳夫であったが、前尾は肝心の局名を主計局と銀行局の2局しか答えられなかった。
入省の翌年、結核性肋膜炎に罹病し休職。
1年間の休職期間が過ぎたため、退職を余儀なくされた。
5年間療養生活に努めたあと、大蔵省に復職する。
同じ頃、四期先輩でのちに首相となった池田勇人も落葉性天疱瘡という大病のため休職、退職していたのが復職している。

1905年12月10日〜1981年7月23日 日本の政治家。第58代衆議院議長。宏池会2代目会長。京都府宮津市生まれ。旧大蔵省の官僚などを経て1949年の衆議院議員総選挙に旧京都2区から立候補して当選。以後、当選12回。議員時代には自由民主党の幹事長や総務会長、通商産業大臣なども歴任した。 (引用元 Hatena Keyword)