芸能人・経営者のおくやみ情報

児玉幸多 氏(こだまこうた)

文学博士、歴史学者・近世交通史[日本]

2007年 7月4日 死去多臓器不全享年99歳

児玉 幸多(こだま こうた、1909年〈明治42年〉12月8日 - 2007年〈平成19年〉7月4日)は、「日本近世農村・交通史の泰斗」と呼ばれた文学博士。
学習院大学名誉教授、学習院大学元学長、学習院女子短期大学元学長、品川区立品川歴史館名誉館長、千曲市名誉市民。
経歴・人物 長野県更級郡稲荷山町(現在の千曲市稲荷山)生まれ。
旧制東京府立第二中学、旧制成蹊高等学校を経て、1932年(昭和7年)3月に東京帝国大学国史学科を卒業。
1961年3月東京大学文学博士。
論文の題は「近世宿駅制度の研究」。
第七高等学校造士館教授を経て、1938年(昭和13年)4月学習院教授、1950年(昭和25年)3月学習院大学教授、学習院大学文学部史学科主任、学習院女子短期大学学長を経て、学習院大学学長を務める。
1980年(昭和55年)3月の定年退職後、品川歴史館館長、江戸東京博物館初代館長(1993年 - 1996年)などを歴任。
出生地で少年期を過ごした稲荷山町は、江戸時代の善光寺街道最大の宿場町として、かつ明治期まで商都としても栄えた街で、その農村部で育つ。

こだま-こうた 1909-2007昭和-平成時代の日本史学者。明治42年12月8日生まれ。農林省で「日本林制史資料」の編修にくわわったのち,七高教授をへて昭和13年学習院教授,48年学習院大学長。近世農村史,近世交通史を研究。地方史研究協議会の創立に尽力し会長をつとめる。平成5年江戸東京博物館初代館長。8年学士院会員。平成19年7月4日死去。97歳。長野県出身。東京帝大卒。著作に「近世宿駅制度の研究」「近世交通史の研究」など。 (引用元 コトバンク)

「児玉幸多」と関連する人物(故人)