芸能人・経営者のおくやみ情報

三津田健 氏(みつだけん)

俳優[日本]

(別名義・高須健児)

1997年 11月28日 死去脳梗塞享年96歳

三津田 健(みつだ けん、1902年4月29日 - 1997年11月28日)は、日本の俳優。
本名は満田 健児(みつだ けんじ)。
別名に高須 健児。
文学座創立メンバーの1人であり、杉村春子と並んで同劇団の中心的俳優として亡くなるまで在籍した。
同座公演『シラノ・ド・ベルジュラック』では、初演以降141回もシラノを演じ、「シラノ役者」として知られた。
映画、テレビドラマにも脇役で活躍。
同劇団内などでは「おとうちゃん」の愛称で呼ばれていた。
来歴・人物 1902年(明治35年)4月29日、東京府東京市牛込区矢来町(現在の東京都新宿区)に生まれる。
4男1女の5人兄妹の末っ子で、父は英語教師をしていた。
1920年(大正9年)、東京府立第四中学校を卒業後、第一早稲田高等学院に入学するが、長兄の反対に遭って退学し、家出して東京駅の改札係になる。
翌1921年(大正10年)に長兄と和解し、杉浦重剛の称好塾を経て同校に再入学する。
1924年(大正13年)、早稲田大学文学部英文科に入学。
1926年(大正15年)に投身自殺と服毒自殺を図るが、2度とも未遂に終わっている。