芸能人・経営者のおくやみ情報

榊原康政(さかきばらやすまさ)

戦国大名[日本]

(慶長11年5月14日没、徳川四天王の一人)

1606年 6月19日 死去享年59歳

榊原康政 - ウィキペディアより引用

榊原 康政(さかきばら やすまさ)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将・大名。
上野国館林藩の初代藩主。
徳川氏の家臣。
康政流榊原家初代当主。
徳川四天王・徳川十六神将・徳川三傑に数えられ、現在も家康覇業の功臣として顕彰されている。
兜は、大鈷剣前立鉄錆地六十二間筋兜。
生涯 出生から家督相続 榊原氏は三河仁木氏の一族とされ、後に伊勢国一志郡榊原に移って榊原を称した。
後に伊勢に残った本家筋の系統と三河に戻った分家筋の系統があったことが知られ、三河に戻った系統でも台頭してきた松平氏の直臣になった系統とそれ以外の系統が存在していた。
康政の系統は松平氏譜代家臣の酒井忠尚に仕える陪臣の家柄であり、分家筋でも有力な存在とは言えなかった(康政の系統が伊勢の榊原氏本家から直接分立したのか、松平氏直臣身分となった榊原氏分家からの分立なのかは不明である)。
天文17年(1548年)、榊原長政の次男として三河国上野郷(現在の愛知県豊田市上郷町)に生まれる。
幼い頃から勉学を好み、書を読んで、字も大変上手かったという。

戦国武将。1548年〜1606年。 徳川四天王。 当初は酒井忠尚に仕えたが、岡崎帰城後に家康に属し、近臣となる。 初陣は三河一向一揆。家康より一字を与えられ康政となる。 姉川の合戦の際には劣勢を覆すために別働隊を率いて朝倉軍側面に迂回攻撃を仕掛けて切り崩すことに成功、戦勝のきっかけを作る。 小牧・長久手の戦いの際には大須賀康高らとともに先鋒として戦い秀次軍を撃破。 関東移封後に秀忠付きとなる。関ヶ原の戦いの際には中山道の秀忠軍に加わっており、本戦には加わっていない。 本多忠勝らとともに武断派を代表する存在だったが、吏僚派の本多正信・正純親子との対立により引退。 (引用元 Hatena Keyword)