芸能人・経営者のおくやみ情報

名取洋之助 氏(なとりようのすけ)

写真家[日本]

1962年 11月23日 死去がん享年53歳

名取 洋之助(なとり ようのすけ、1910年9月3日 - 1962年11月23日)は日本の写真家、編集者。
生涯 東京市に実業家名取和作の三男として生まれる。
母方の祖父は三井財閥の大番頭朝吹英二。
慶應義塾普通部で学ぶも、成績不良で予科に進めず、18歳でドイツに渡る。
ベルリン遊学中、国立美術工芸学校のウェイヒ教授を通じてバウハウスのデザイン思想を知る。
教授の地元ミュンヘンの美術工芸学校に入り、やがて教授が経営する手織物工場のデザイナーとして働くうちに9歳上のドイツ人女性エルナ・メクレンブルク(のち妻となる)と同棲。
エルナが撮った火災現場写真を洋之助が組写真にして写真週刊誌に持ち込んだところ高値で採用され、そのことが機となってベルリンの総合出版社ウルシュタイン社に認められ、ヨーロッパ最大の週刊グラフ誌の契約写真家となり、その身分のまま帰国。
戦前は1933年に木村伊兵衛、原弘、伊奈信男、岡田桑三らとともに日本工房を設立。
翌年、意見の対立により木村、原、伊奈、岡田が脱退し、日本工房は事実上解散となる。

なとり・ようのすけ(1910-1962) 1910年、実業家の父和作と三井財閥大番頭朝吹英二の娘ふく子の三男に生れる。慶應普通部に通うものの、予科に進まず18歳でドイツに渡る。バウハウスのデザイン思想を知ったことが、のちの編集者としてグラフィックアート追求する支柱となった。 昭和8年に帰国、「日本工房」設立。翌年「NIPPON」創刊。戦時中は中国で出版活動を行った。戦後、岩波書店の小林勇より「岩波写真文庫」の編集を持ちかけられその編集長をつとめた。 (引用元 Hatena Keyword)